HOME > 自律神経失調症でお悩みの患者様へ

自律神経失調症でお悩みの患者様へ

具合が悪いのに、病院で検査をしても異常なしと言われる
原因がわからないので、どういう治療法を受けたらいいのかわからない
薬を飲んでいるが、いっこうに症状が良くならない
薬による治療を受けたが、よけいに具合が悪くなってしまった
なぜ体調が悪いのか、本当の原因を知りたい
自分にとって何が適切な治療なのかを、知りたい
薬に頼らず、体質改善をして根本から元気になりたい

頭痛、耳鳴り、不整脈、立ちくらみ、めまい、冷え、のぼせ、呼吸困難、のどの圧迫感、手足のしびれ、微熱、発汗(冷や汗)、むくみ、倦怠感(慢性疲労)、便秘・下痢、動悸、不眠、生理不順などの、カラダの症状。

そして、イライラ、不安、情緒不安定や抑うつ気分などの、精神的な症状。

これらの自律神経失調症といわれる症状は、実に多岐にわたり、生命に関わる一大事とは言えないものの、常に患者様を苦しめるやっかいなものです。

そして、こんなに様々な症状があっても、病院で検査をして異常(原因)が見つかることはほとんどありません。

これは、現代西洋医学が器質的な疾患の治療を得意とする学問のため、そして保険診療の範囲では(外来の場合)最大で22項目までの生化学検査となり制約されているため、機能性疾患の代表選手である自律神経失調症状を詳細に診断するまでに至らないためです。

自律神経失調症でお悩みの患者様へ

体になんらかの不調があるということは、そこには必ず原因があります。

原因がない、ということはないのです。

つらい症状の原因を見つけることができれば、解決策も見つかります。

そのためクリニック・ハイジーアでは、60項目以上に及ぶ血液・尿検査を行い、生化学的な詳細な解析を行い、患者さま一人ひとりの症状の原因を診断します。

そして、その原因に即して、お薬に頼らない統合医療(=根本治療)を行っていきます。

当クリニックの統合医療は、おもに分子整合栄養医学、東洋医学(漢方処方)、ナチュラルホルモン補充療法、キレーション療法、そして必要に応じて西洋医学を組み合わせています。

患者様に安心して治療をお受けいただき、本来の元気を取り戻して、イキイキと人生を過ごしていただけるよう、私たちはお手伝いいたします。



メディア掲載

  • ミセス
    2014年4月7日発行
  • 日刊ヘルス
    日刊ヘルス
    2011年1月号
  • VOCE
    VOCE
    2010年12月号
  • AERA
    AERA
    2010年4月30日発行
  • anan
    anan
    2010年1月20日号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年10月15日発行
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年9月1日発行
  • 美的
    美的
    2009年5月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2009年4月号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年1月25発行
  • すこやか健保
    すこやか健保
    2008年12月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2008年2月号
  • Baby
    婦人公論
    2007年11月10日増刊号
  • 婦人公論
    Baby
    2007年6月22日号
  • Body
    Body
    2006年11月号
  • OZマガジン
    OZマガジン
    2006年1月23日号
  • Urb
    Urb
    2003年11月号増刊
  • 婦人公論
    婦人公論
    2003年10月7日号