«  2006年1月 8日 - 2006年1月14日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年1月 1日 - 2006年1月 7日 | メイン | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »

2006年01月14日

私はとっても変わった医者だ。

現代西洋医学だけでなく、漢方・鍼灸などの東洋医学や、栄養療法なんてものをやっている。

そしてそれを当たり前だと思っている、医者の常識からみたらかなり風変わりな人である。

日本の医者は大体、西洋医学のことしか知らないので、私に言わせればそちらの方がかなりカタブツである(あ~あ、言っちゃった…)。

栄養療法に比べたらまだ東洋医学のほうが市民権を得ているが、東洋医学に対する医師の体温は様々である。

もちろん、自分でハリを打つくらいの東洋医学大好きドクターは私以外にもたまにはいるけど(私の世代では珍しいかな)、理解を示さない人は全く示さない。かなり両極端だ。

漢方薬はエキス剤など一部に保険がきいているからまだ馴染みがあるが、ツボや経絡の話になると、突如として拒否反応を示す場合が多い。

大学病院にいた時、先輩のドクターにツボの話しをしたら、「矢崎はどこへ行っちゃうんだ」という目をされたことがある。

「気」とか「経絡」とか、ありえない話らしい。

まあ医者じゃなくても「ある派」と「ない派」がいるだろうから、当然かもしれないが。

もちろん、私は自然に「ある」と考えている。

そりゃあ「証明しろ」と言われたらできないのだけど、実際に漢方薬やハリやお灸で困った症状が治ってしまうのだから、あると考えなくては説明ができない。

また、実際に存在するのかしないのかと言う議論よりも、その理論を当てはめれば治療に使える、ツールのひとつとして単純に便利だとも思っている。

もちろんEBM(根拠に基づいた治療)という考え方も非常に大切だけど、私自身は患者さんがよくなってくれれば、正直議論の是非などどうでも良い、というところがある。(もともと右脳人間だからか?(^ ^;; (註参照))


そんな人なので、理論的に説明しろと言われると弱いのだけど、見事にその辺りのことを論じている書がある。

 

 

著者の故・増永静人先生は、京大哲学科卒の指圧師という、これまた珍しい方である。



つづく。


 

(註:東洋医学をやっている医師がみんな私みたいなわけではありません。真面目にEBMを追求している方は沢山いらっしゃいます。念のため)



2006年01月11日

 

 

ジャズの名門コンコードレーベルから、日本人ジャズユニットとして初めてデビューしたという、フライドプライドのデビュー作。


ヴォーカルのSHIHOと、ギターの横田明紀男氏のデュオ。

SHIHOのパワフルで自由奔放なヴォーカルと、美しくて緻密なギタープレイで、一粒で二度おいしい。


鍼灸の修行で富山に住んでいた時に、師匠と一緒に小さなライヴハウスで彼らのライヴを聴いたことがある。

SHIHOちゃんは、この細い体のどこからそんな声が、と思うほどのパワフルな声の持ち主。

私の師匠は彼女を見て、「肩に全然力が入っていないのがいい」と言っていた。

さすが治療家(医者ではない療法家のことね)は見ているところが違う。


この後何枚かリリースしているけど、私が一番印象深いのはこれ。

なぜかと言うと、とてもセンシティヴな時期に聴いていたからかも知れない。

石垣島の浜辺で、打ち返す波を眺めながら、ヘッドフォンで聴いていたのを思い出す。

SHIHOの歌は全然泣きは入っていないのに、聴いていると泣きそうな気分になる。

多分私の中の何かのスイッチが押されるんだろう。



おすすめです。

2006年01月09日

OZ magazine 1月7日発売号の

読者が選ぶ名医カタログ


に、当クリニックが掲載されています。


メンタルケアでのピックアップです。


心のトラブルは、実は栄養状態と非常に深い関係があります。


脳内の神経伝達物質はビタミンなどの栄養素から作られていますから、栄養不足では材料不足になってしまい、脳の機能がうまく働かなくなってしまうのです。


うつやパニック障害、統合失調症などは実は非常に栄養療法が良く効く分野なのです。


どうぞご覧ください。


20060107OZmagazine

2006年01月08日

こんばんは。


本当に寒い日が続きますね。

冷え性の女性にはつらいシーズンです。

ちなみに、冷え性に栄養療法はとっても効果的です。

(経験者は語る)


詳しくはまたの機会に。



さて、これまで、分子整合栄養医学(分子栄養学)とは何ぞや、と言うことを説明してきました。

 

今までのポイントは、分子栄養学にもとづく栄養療法とは、「至適量の栄養素を補給することによって、異常な分子を正常化し、体の調節機能を整えて、病気の治療・予防をする」治療法だということです。

 

具体的な治療は、サプリメントの摂取によって行われます。

 

そして、栄養療法が食事療法と違っている点、また市販のサプリメントを買って飲むこととも違う重要な点は、「栄養素の量」にあります。

 

栄養療法において、もっとも重要なのがその「量」であり、そして最も誤解されているのも「量」なのです。

 

今日はその「量」についての話をしたいと思います。

 

 

皆さんご存知のように、栄養には必要栄養所要量というのが定められており、それに沿って栄養を摂りましょう、ということに一般的にはなっています。

 

しかし分子栄養学に基づく栄養療法では、必要栄養所要量に比べると、ケタ違いに多い量の栄養素を治療に用います。

 

このことから、分子栄養学は「メガビタミン療法」「ビタミン大量療法」などと呼ばれ、その量が非難の的になってきたという歴史があります(今でもです!)。

 

しかし、分子栄養学の目的と概念から考えると、60兆個あると言われる人間の細胞を望ましい状態に整えるためには、栄養所要量に定められているような微量の栄養素(ビタミンB1なら11mg程度)では、到底まかないきれない、というのが実際のところなのです。

 

そもそもビタミンの発見は、ビタミン欠乏症の研究から始まっています。

 

壊血病、脚気、ペラグラ、くる病、夜盲症(鳥目)、悪性貧血など。

 

これらは今でこそ、ビタミンの欠乏症だということは常識になっていますが、昔は原因が全くわからない「奇病・難病」とされていた病気です。

 

その病気を研究していったら、ビタミンと言うものがあって、それが不足しているために起こっている病態なのだ、ということがわかり、ビタミンは発見されてきたわけです。

 

ビタミンの歴史は、言うなればビタミン欠乏症の歴史なのです。

 

こういう経緯から、栄養所要量は定められています。

 

つまり必要栄養所要量とは、「欠乏症を防ぐための量」なのです。

 

そして、この栄養所要量がきちんと摂れればOK、とするのが旧来の栄養学の考え方なわけです。

(ちなみに日本人の平均的な食事ではこの量すらも充分に摂れていないということが明らかになっています)

 

しかし、分子整合栄養医学の目的はあくまでも「欠乏症を防ぐ」ことではないのです。

 

欠乏症を防ぐというレベルを超えて、「体の調節機能を高めて疾患の予防・治療を行う」ことが目的ですから、そのために必要な栄養素の量は、栄養所要量の100倍以上になる場合もあります。(当然食事だけでは摂れません!)

 

栄養療法の効果は「用量依存性」であり、そのような量の栄養素を使わないと治療効果は実際には現れないのです。

 

そしてそのような(旧来の概念からすれば)大量のビタミンを治療に使っても、現実には副作用はほとんど起こりません。(起こるとすればサプリメントの質的な問題があると考えられます)

 

巷ではもっともらしく「ビタミン過剰症」についての危険性が取り沙汰されていますが、ここは非常に誤解をされているところです。

 

栄養学とは突き詰めれば生化学・生理学であり、その分野は常に進歩しています。そして栄養素が果たす役割の大きさが日々明らかになっています。

 

そして栄養素に、今まで常識的に捉えられていた以上の様々な治療的な効果がある、ということがわかってきているのです。

 

それでも、一度定着した固定概念を払拭することはなかなか難しいようで、栄養所要量以上の多いビタミンを摂ると過剰症が起こり、危険である、と、いまだに言う人たちがいます。

 

そのような意見に対して、我々栄養素を治療の武器とする医師たちは、こう答えます。

 

Where are theBODIES?

 

ビタミンを大量に摂取して死んだ遺体はどこにあるのか?と。

 

 

アメリカにおける薬害による死亡者数が年間10万人を超えている(Starfield B. JAMA 2000, 284, 483.)ことを考えれば、栄養素による治療がいかに安全であるかは明白です。

 

また、十分でない量の栄養素を摂っても意味がないとは言いませんが、治療効果は望めません。

 

私たち現代人は毎日の生活の中で、栄養素が脱落した不自然で非生理的な食べ物を食べ、運動もせず、ストレスに晒され、たくさんの有害物質を体に取り込んでいます。

 

病気までは行かなくても、体内の分子には既に変化が起きている人がほとんどだと言えます。

 

だからこそ、栄養療法が効果を発揮するのです。

 

 

またまた長くなってしまいました。

 

分子整合栄養医学に基づく栄養療法について、ご理解をいただければ幸いです。

 

今後は具体的な症例などについてもお話していきたいと思います。

« 2006年1月 1日 - 2006年1月 7日 | メイン | 2006年1月15日 - 2006年1月21日 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。