«  2006年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年2月 | メイン | 2006年4月 »

2006年03月31日




前回の続きです。


じゃあさっそく行ってみよう!ということで、まず、ビジターでのトレーニングを受けてみました。

ひとつの種目の回数は1020回と少ないのですが、その人にとっての最大限の負荷をかけて行う78種目のサーキットレーニングは、運動しなれない身には想像以上にキツかったです。

初回終了後、ただの疲労とは違う変な感覚に襲われました。

お腹を冷やした時のような、みぞおちあたりの「きゅ~っ」という感覚(虚血状態?)と、腰痛(直後ですから筋肉痛ではありません)。

その時、私の脳裏をよぎった言葉。

それは、「年寄りの冷や水」。


・・・・・・・。


多分私の体力がなさすぎたんでしょう。

普通の人は大丈夫だと思います。


何はともあれ、実行あるのみ。

さっそく、週3回のトレーニングを始めました。


トレーニングを始めて、やはり疲労感が一番きつかったです。

特にトレーニング翌日の筋肉痛と疲労がかなりキてました。


そしてもうひとつのポイント、食事。

炭水化物は一切抜きで、脂質(油)も極力控え、肉・魚・卵などのタン白質系と野菜・きのこ・海草などのローカロリー食品をいただきます。

お肉はささみが一番よくて、卵は白身はいいけど黄身はダメ、という徹底ぶり。(個人的には賛成しかねたのであまり守ってませんでしたが)

そしてプロテインもガンガン飲みます。



続く。


 



2006年03月29日


気がつくと桜が満開で、お花見シーズンですね。

今日、目黒川のほとりを通り過ぎましたが、とてもきれいでした。

しかしそんな日に限って、花冷えですごく寒いですね。。

お花見の方は風邪を引かないようにお気をつけください。


ちなみに私の風邪予防の必須アイテムは、ビタミンCとオリーブ葉エキスです。

まずいかな、と思っても、これらを多めに飲んでゆっくり寝るようにすると、大体良くなってしまいます。

ビタミンCと亜鉛の組み合わせも、免疫力アップで風邪予防にはおすすめです。


ビタミンCは、個人差はありますが、日常的には3g/日程度を目安に摂るのがいいと思います。

感染症予防効果や疲労回復(慢性疲労症候群はビタミンC欠乏症であるとの見方があります)、美肌効果が期待できます。




さて、前に書きました、肉体改造に挑戦!(笑)した時のことを書いてみます。


1年以上前のことになりますが、事の発端は、INBODYという体成分検査機器(超精密な体脂肪計みたいなものです)をクリニックに導入する際に、自分の体成分を測定したことです。


その結果を見て、愕然としました…。


私はBMIだけみれば痩せ型なのですが、筋肉量が少なく脂肪が多い、いわゆる「隠れ肥満」のパターンでした。


運動はあまりしていませんでしたし、予想はしていたのですが、いざ結果シートを見て、がっくりきました。

これではいけない、と思い立ち、肉体改造に挑戦!しようと決意したわけです。


また、栄養療法でとても体調が良くなっていたのもあり、トレーニングで体がどう変化するのか?、血液検査データの変化は?、栄養素の影響は?、などなどの興味もあり、人体実験のつもりで取り組みました。


選んだのは、短期間で体を絞ることに定評がある、都内の某ジム。


そのジムの特長は、炭水化物抜きでタン白質中心の徹底した食事管理と、回数は少ないですが最大限の負荷をかけて行う筋力トレーニングです。


芸能人や格闘技の選手などが通っていることでも有名です。





続く。

2006年03月25日


更新しなさ過ぎです。はい。


無駄に忙しいのです。もっと建設的に働かなくては。。


さて今日は、現代人と炭水化物の関わりについて、貴重な示唆を含んでいる本を紹介したいと思います。


分子栄養学を行っていると、現代人の食べ物が実はものすごく偏っていることを実感します。


何に偏っているかと言うと、炭水化物が多すぎるのです。


何につけても便利な現代、お金さえ払えば、お腹がすぐにいっぱいになるものが、しかも安い値段で、簡単に手に入ります。


コンビニのサンドイッチやおにぎり、魅惑的なお菓子類など。


それらのほとんどは炭水化物です。


私たち現代人は炭水化物を摂り過ぎなのです。


それによって栄養の代謝がくずれてしまっていることが、現代病の一端を担っていると言えるでしょう。



炭水化物は、糖質です。


食べ物で言うと、ごはん、パン、めん類、イモ類、お菓子、砂糖、などです。


糖質ですから、食べると当然血糖値が上がり、インスリン(血糖値を下げる唯一のホルモン)が分泌されます。

(分泌される速さやレベルなどは、糖質の種類や一緒に食べたものにも影響されます)


炭水化物が多い、すなわちインスリンを分泌しやすい食事をしていると、最初のうちは低血糖の傾向が出てきます。


炭水化物中心の食事、または甘いものや砂糖が多く含まれた食べ物を摂ると、血糖値が急速に上がり、それに反応してインスリンが過剰に分泌されるために、結果的に低血糖に陥るのです。


この低血糖というのが、慢性疲労やうつ病・統合失調症などの精神疾患など、種々の病態の原因のひとつになっているのですが、日本の医療現場ではほとんど問題視されていません。


低血糖についてはまたの機会に書きますが、それらの病態が長く続くと、インスリンの過剰分泌による肥満、高脂血症、血糖調節異常、高血圧などが起こり、いわゆるシンドロームXの状態になります。


これが生活習慣病の土台であることはすでに常識になっていますね。


糖尿病も同じです。


インスリンが過剰に分泌される状態が続くと、すい臓が疲弊してゆくゆくはインスリンが分泌されなくなります。


そうすると血糖値を下げることができなくなり、血糖値が高くなる。


つまり今度は糖尿病に移行していくのです。


血糖値を最も上げるもの何か。


当たり前ですが糖質です。


だったら、糖質を摂らなければ糖尿病患者の血糖コントロールはうまくいくのではないか、ということを実践したのがこの本の内容です。



現代栄養学の糖尿病の食事療法では、カロリーと単位に基づいて食事内容を決めていますが、必ず糖質も入ってきます。


しかし、いくらカロリーを抑えても、糖質を摂っている限り(それがGI値の低い玄米などであろうとも)、血糖値をあげてしまうために、血糖コントロールが難しくなり、インスリンや血糖降下薬などから離脱するのは難しくなります。

しかし、炭水化物(主食)を控えた食事療法、この本で言うところの「糖質制限食」を行うと、血糖のコントロールがかなりの率で良好になると報告されています。


血糖値を上げるものを摂らなければ血糖値が上がらないというのは、考えてみるとごく当たり前だと思うのですが、この考え方もあまり一般的とはいえません。


なぜかと考えると、常識的には「主食は必ず摂るべき」となっているので、その固定概念を取り外すのが実は難しいことなのでしょう。


しかし人類の歴史から見れば、これほど精製した炭水化物を浴びるように(!)摂っている時代はないわけで、インスリンが出まくりでそれによって異常が起きている、と考えるのが自然のように思います。

 

私自身は実際にそんなに糖尿病の患者さんを診ているわけではないので実例としては挙げられませんが、血糖値のコントロールに困難がある方は、試してみる価値が充分にあると思いますし、おそらく効果があるのではないかと思われます。


 

で、この本の内容や私個人の考えをまとめた結論としては、糖尿病や種々の生活習慣病の治療や予防のためには、炭水化物を控え、タン白質と野菜(きのこや海草などを含む)を中心とした食事をしたほうが良い、ということです。


正常な人なら極端な糖質制限はしなくてもいいかと思いますが、私はなるべくなら減らしたほうが良いと思います。


糖質を過剰に摂ることでただでさえ足りないビタミンB群を消耗しますし、糖質が多いということはその分タン白質の摂取量が必然的に減少しますから、代謝に負担をかけることになります。


そして実際に糖尿病まで行かなくても低血糖の兆候がある人はとても多いのです。

 (血液検査ではHbA1cやグリコアルブミン、HOMA-R、IRI等で判断します。)


体調不良のある方は、まず甘いものや糖質を減らしてみることをお勧めします。


タン白質については「タン白質の重要性」をお読みください。

2006年03月17日

ここのところいろいろありすぎて、頭を使う文章が書けません。

医療ネタを楽しみにしていらっしゃる方、ごめんなさい。(いるのか?)

なので今日もゆるゆるネタです。



先日、とある用件のついでに、とあるところに行きました。

 

逆さ泳ぎ

 

 

そう、水族館です。

 

私はけっこうな水族館好きです。

でもマニアではありません。

さかなクンレベルまでいかないと、マニアと呼ばれるにはふさわしくない。


 

キャビアの母(父?)

 

キレイな魚もいっぱいいたのですが、なぜかインパクトが強いのだけ写真を撮ってきてしまいました。

これはチョウザメ。

見れば見るほどグロテスクです。不気味です。

でも卵は美味しいです。

将来食べられなくなるかもしれないと思うと悲しい。



 

すごい存在感

 

ピラルクって本当怖いですよね。

潜っていてこんなん出てきたら絶対心臓止まりますよね。

まあピラルクがいるようなところを潜ることはないでしょうけど。

ちなみに写っている人は知らない人です。



 

ひとなつっこいっていいね

 

この水族館は、どちらかというと海獣がメインらしいです。

海獣が充実しています。

スナメリが4頭いました。

3頭は人間お構いなしに泳ぎまくっているのですが、1頭愛想がいい子がいました。

人が見ていると、ガラスの近くに寄ってきて、すり寄るみたいにしてきます。

顔に傷がありました。

可愛いのでずっと見てました。犬みたい。

スナメリって、笑ってるわけじゃないと思うのにいつも笑っているように見える。

完全な癒し系です。

スナメリってシロイルカとはまた違うんですかね。違うんでしょうね。



 

ラッコの体重測定

 

ラッコもいました。

ラッコって落ち着きない。

常に動き回っています。

たまたまお食事の時間で、飼育員の方がえさをあげていたのですが、えさをあげる前に体重を量ることになっているようで、えさでおびきよせて体重計の上に乗って、いい子に体重を量った子から、えさをもらえるようです。

えさ欲しさに、すでに体重を量った子が何度も体重計に乗ろうとしてました。

飼育員の方が、きみはもういいよ、と言うそぶり。微笑ましい。

見ていてはじめて知ったのですが、なんと、ラッコは歩ける。

しかも足で立ちあがってドアノブをいじってドアを開けようとさえしてました。(もちろん開きはしないんですが)

相当な知能犯に違いない。



 

見事なツートンカラー

 

パンダイルカ。

この人たちも泳ぐのが速くて写真がなかなか撮れません。



 

こんな巨体でヴェジタリアン

 

そしてマナティーです。

ものすっごい大きいです。巨漢。

レタスをバリバリ食べてました。

食べているとき以外はほとんど寝ているっぽかった。

こんな生き物がいること自体が驚き。



 

アイドル

 

そして、マナティーに並ぶ大物、ジュゴンです。

アマモという海草を食べているそうなのですが、2頭あわせて食費が1年間で4千万円だそうです。

まじですか。信じられません。

水族館経営は大変だ。。。

 

亀にかくれて

 

もくもくとアマモに顔を突っ込んで食べているジュゴン(名前忘れた)。

亀と一緒に住んでいます。

マナティーとジュゴンって、ちょっと迷うのは私だけでしょうか。

時間を与えられて、両方の写真を並べて、さあどっちがどっち?と聞かれたらわかると思うのですが、どっちか片方の写真を見せられて、一瞬で答えろと言われたら、とっさに答えられるか自信がない。

まあ私にそれを詰問する人もいないと思うのですが。


 

水族館って、特殊な空間ですよね。

非日常的で、内省するのに向いているというか。(すいていればですが)

ぼーっとしたい時によく行きます。

私が一番好きなのは、葛西臨海水族園です。

入るといきなりハンマーヘッドがうじゃうじゃいて、かなりインパクト大。

ばかでかいマグロが泳いでいる水槽も好きです。

意外なところでは、フランスのナンシーという町の水族館もよかったです。

大物はいませんが、あるの知らなくてサプライズ的に入ったので楽しかった。

 

久しぶりに潜りに行きたくなりました。



http://www.aquarium.co.jp/index.html

2006年03月15日


久しぶりにとても面白い本でした。








精神科医を訪れる、様々な患者。

彼らの訴えはいろいろだ。

 

「失恋して眠れない」

「倒産して落ち込んだ」

「ケンカしてイライラする」

 

しかし患者は、彼らの持つ「本当の問題」を語ってはいない。

 

著者は、患者が持つ症状や訴えに隠された真の理由、臭い言い方をすれば「人間ドラマ」を、よく知られた童話や物語になぞらえて、絡まった紐を解いていく。

 

しかしそれらは、本当には患者自身がよく知っていることなのだ。

 

 

 

ある日、53歳の主婦が受診した。

 

主訴は、2年来続くめまい、耳鳴り、頭痛や吐き気。

 

30年前に結婚し、二人の子供に恵まれ、幸せな結婚生活。

子供も結婚して独立したある日、ふと自分が夫をうとましく思っていることに気付いた。

自分は夫に対してとりたてて不満も持っていなかったので、そう思った自分が不思議でしょうがなかったが、それから間もなくめまいなどの症状が始まった。

 

著者は、患者に「食わず女房」の話を読むように言う。

 

物語を読み、医師との対話の中で、患者は夫との関係をストーリーにあてはめ(これが不思議に符合する)、夫婦それぞれのあり方を明らかにしていく。

 

そして、患者は、夫の浮気癖を、仕方ないと思っていながら許すことが出来ず、お金を使わせることで愛情を盗んでいたのだと言うことに気づく。

 

患者の症状はそれを境にしだいに消えていった。

 

 

 

 

子供の頃に読み聞いた絵本や童話。

 

それらは素朴で、あまり意味のない話のように見えて、実は深遠な人間心理と言うものを恐ろしいほどに描写している。

 

ももたろう、赤ずきん、いっすんぼうし、などなど。

 

著者は、患者の心のうちを読み解いていくのに、そういった物語が実に的確に様々な人の心理を説明するのにふさわしいモデルであることに気付き、それを精神療法に生かしている。

 

この本を読むと、よく知っているはずの物語が意味する深遠さに驚かされるとともに、人間の心理というものの奥深さを思い知らされる。

 

著者は、そういった患者との対話の中から、軽いうつ程度の患者から重い統合失調症の患者まで、同じ心のしくみを持っていること、そして同じような診療アプローチが有効であることを学び、どんな重症な患者をも「気違い」と思うことはなくなったという。

 

また、物語などのツールを使うのであれ何であれ、医者が強制的に主導するのではなく、ある「気付き」を患者が自分自身で得ることが重要であると、著者は言う。

治療者が手柄を得るためではなく、患者が自分の「本当の問題」を発見し、それを(なるべく)自力で解決していくことが重要だからだ。

 

私の偏見かもしれないが、日本における精神科治療というと、「治療=薬物療法」と言うイメージなので、このように飄々と患者と向き合って治療をなさっている精神科のドクターがいらっしゃることを知って、とても感激した。

 

日々の治療をさせていただいていると、西洋薬、漢方薬、栄養素など、様々な治療法を使っても、難しい病態があることに気づく。そしてそれらの原因が心理的要因であることがままある。

 

精神科医でなくとも、患者さんの心を少しでも理解できる医者でありたいと思う。


2006年03月09日


スウェーデンの国民的歌手、Alice Babsの'73年のアルバム。


CDショップのコメントを読んで買ってみました。


さすがにうまいです。


30年以上も前の作品とはとても思えない。


エヴァーグリーン、ってこういうことを言うのかな。


Music%20with%20a%20Jazz%20Flavour.jpg


Music with a Jazz Flavour

日本で言うと美空ひばりみたいな存在なのでしょうか。



最近北欧づいてます。。

 

 

 

2006年03月06日


 

サルミアッキの正体がわかりました。

(何故かこだわる)

 

サルミアッキって商品名だと思ってたら、一般名らしいです。


先日写真を載せたサルミアッキは、チョコレートなどで有名な「Fazer社」(ゲイシャチョコは有名!)の製品で、それ以外にもいろんなところから出ているらしいのです。

 


なんと、salmiakkiとは、フィンランド語で



「塩化アンモニウム」



を意味するんだとか。

 

 

 



えっ…。

 

塩化アンモニウム…?



なんと、私が薬品かと思ったあまりにも強烈なあの味は、塩化アンモニウムの味だったのです。


 

伝統的なサルミアッキの風味は、「甘草エキス塩化アンモニウム」だそうです。

 

なので、お菓子だけではなく、お酒にもサルミアッキ味のものがあったりするようです。(え゛っ… ( ̄○ ̄; )

 

私の推測(当てずっぽう)の、「薬草+薬品」はあたってた訳ですね。

 

しょっぱさと甘さ、そしてなんともいえない「臭さ」は、それらの融合した味だったのです…。



 

深く納得。




 

しかし、そこで疑問が沸き起こります。超疑問です。



なんでこんな食べ物が生まれたのか?

なんでフィンランド人はこれが大好きなのか??

(フィンランドだけではなくて他の北欧の国でも食べられている可能性あり)



という疑問です。




・・・・・・・・・・・・・。




 

何故だ。



何故なんだ。

 







残念ながら、まったく答えの想像がつきません…。

 

 

どうか、どなたかご存知の方いらっしゃったら教えてくださいませませ。




 

フィンランド(北欧?)以外の国ではあまり人気がないと思われるサルミアッキ。

 

しかしサルミアッキは「フィンランドの納豆」と評されることもあるらしく、最初は「何じゃこりゃ!!」と思っても、食べているうちにハマって、フリークになる人が結構多いらしいのです。

 

そういえば、納豆も日がたつとなんとなくアンモニア臭くなりますよね…。あの感覚なのかな?

 

外国人がもっとも苦手とする日本のソウルフード、納豆。

 

もしかすると、「日本人はなぜ納豆を食べるのか?」に、匹敵する疑問なのかもしれません。

 

 

食文化って奥深いですね…。

 


2006年03月03日


ご家族がフィンランド旅行から帰ってきたばかりという方から、こんなものを食べさせてもらいました。


SALMIAKKI


フィンランド人はみんな大好きという、サルミアッキというお菓子です。

フィンランドのソウルフードとも言える、国民的人気者だとか。

これを好きな人は、「祖先がフィンランド人」だそうです。




お菓子自体は、真っ黒いグミのような感じです。

菱形でやたらオシャレです。





↓これ


さるみあっき





オシャレですが、かなり怪しげです。


恐る恐る、食べてみると。。。








・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・









(-_-#)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・










((((°Д ° ;))))







・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・













ごめんなさい。飲み込めませんでした。。










( ρ _-)o     ぐすん。









なんて例えればいいのでしょうか。


多分なにか薬草が入っているでしょう。





薬草と、何か、薬品?







どう表現していいかわかりません。。。





どうやら、祖先はフィンランド人ではないようです。



残念です。。。










サルミアッキのサイト

« 2006年2月 | メイン | 2006年4月 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。