«  2011年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 診療室にきた赤ずきん | メイン | 炭水化物の問題~糖尿病の食事療法が示唆すること~ »

2006年03月17日

ここのところいろいろありすぎて、頭を使う文章が書けません。

医療ネタを楽しみにしていらっしゃる方、ごめんなさい。(いるのか?)

なので今日もゆるゆるネタです。



先日、とある用件のついでに、とあるところに行きました。

 

逆さ泳ぎ

 

 

そう、水族館です。

 

私はけっこうな水族館好きです。

でもマニアではありません。

さかなクンレベルまでいかないと、マニアと呼ばれるにはふさわしくない。


 

キャビアの母(父?)

 

キレイな魚もいっぱいいたのですが、なぜかインパクトが強いのだけ写真を撮ってきてしまいました。

これはチョウザメ。

見れば見るほどグロテスクです。不気味です。

でも卵は美味しいです。

将来食べられなくなるかもしれないと思うと悲しい。



 

すごい存在感

 

ピラルクって本当怖いですよね。

潜っていてこんなん出てきたら絶対心臓止まりますよね。

まあピラルクがいるようなところを潜ることはないでしょうけど。

ちなみに写っている人は知らない人です。



 

ひとなつっこいっていいね

 

この水族館は、どちらかというと海獣がメインらしいです。

海獣が充実しています。

スナメリが4頭いました。

3頭は人間お構いなしに泳ぎまくっているのですが、1頭愛想がいい子がいました。

人が見ていると、ガラスの近くに寄ってきて、すり寄るみたいにしてきます。

顔に傷がありました。

可愛いのでずっと見てました。犬みたい。

スナメリって、笑ってるわけじゃないと思うのにいつも笑っているように見える。

完全な癒し系です。

スナメリってシロイルカとはまた違うんですかね。違うんでしょうね。



 

ラッコの体重測定

 

ラッコもいました。

ラッコって落ち着きない。

常に動き回っています。

たまたまお食事の時間で、飼育員の方がえさをあげていたのですが、えさをあげる前に体重を量ることになっているようで、えさでおびきよせて体重計の上に乗って、いい子に体重を量った子から、えさをもらえるようです。

えさ欲しさに、すでに体重を量った子が何度も体重計に乗ろうとしてました。

飼育員の方が、きみはもういいよ、と言うそぶり。微笑ましい。

見ていてはじめて知ったのですが、なんと、ラッコは歩ける。

しかも足で立ちあがってドアノブをいじってドアを開けようとさえしてました。(もちろん開きはしないんですが)

相当な知能犯に違いない。



 

見事なツートンカラー

 

パンダイルカ。

この人たちも泳ぐのが速くて写真がなかなか撮れません。



 

こんな巨体でヴェジタリアン

 

そしてマナティーです。

ものすっごい大きいです。巨漢。

レタスをバリバリ食べてました。

食べているとき以外はほとんど寝ているっぽかった。

こんな生き物がいること自体が驚き。



 

アイドル

 

そして、マナティーに並ぶ大物、ジュゴンです。

アマモという海草を食べているそうなのですが、2頭あわせて食費が1年間で4千万円だそうです。

まじですか。信じられません。

水族館経営は大変だ。。。

 

亀にかくれて

 

もくもくとアマモに顔を突っ込んで食べているジュゴン(名前忘れた)。

亀と一緒に住んでいます。

マナティーとジュゴンって、ちょっと迷うのは私だけでしょうか。

時間を与えられて、両方の写真を並べて、さあどっちがどっち?と聞かれたらわかると思うのですが、どっちか片方の写真を見せられて、一瞬で答えろと言われたら、とっさに答えられるか自信がない。

まあ私にそれを詰問する人もいないと思うのですが。


 

水族館って、特殊な空間ですよね。

非日常的で、内省するのに向いているというか。(すいていればですが)

ぼーっとしたい時によく行きます。

私が一番好きなのは、葛西臨海水族園です。

入るといきなりハンマーヘッドがうじゃうじゃいて、かなりインパクト大。

ばかでかいマグロが泳いでいる水槽も好きです。

意外なところでは、フランスのナンシーという町の水族館もよかったです。

大物はいませんが、あるの知らなくてサプライズ的に入ったので楽しかった。

 

久しぶりに潜りに行きたくなりました。



http://www.aquarium.co.jp/index.html

« 診療室にきた赤ずきん | メイン | 炭水化物の問題~糖尿病の食事療法が示唆すること~ »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。