«  2006年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年3月 | メイン | 2006年5月 »

2006年04月29日

 

引き続き日産婦シンポジウムの概要です。

演題は5件ありました。

1件ずつ私なりに要約を書いてみます。


 

演題1 「妊娠期の低栄養の現状と改善への提言」

演者 国立保健医療科学院生涯保健部母子保健室長 滝本秀美先生

 

1.1980年から2000年にかけて、新生児の出生体重は140g減少している(3194g→3053g)。

2.同様に低出生体重児(2500g未満)の児の割合4.2から7.6増加している。

3.妊娠中の喫煙率1990年の5.6から、2000年は10.0増加している。

4.19762000年の間に「やせ(BMI18.5未満)」の女性の割合4人に1に増加している。

5.やせの妊婦で妊娠中の体重増加が少ない7kg未満と7-9kg)で、低出生体重児の割合が高い(最大15%)。

6.喫煙妊婦は非喫煙妊婦に比べて低出生体重児の割合が高い(約2倍)。

 

これらのデータの考察として

「若い女性の「やせ」の増加は、低出生体重児出産のリスクのある女性の増加につながっている可能性がある」

「妊娠中は、栄養学的な質が十分な食事をとり適切な体重増加を促すことと、禁煙を進めることが重要である」

ということでした。

 

 

これが現実です。

最近はとてもスリムな女の子が多いと思っていましたが、今回の発表でも実際に、若い世代で有意にやせた女性が増えていることが示され、そのような女性の生む子どもは出生時体重が少ない傾向があるということが示されました。

そんなにやせてて大丈夫?と言いたくなりますが、大丈夫ではなさそうです。

「やせ」=低栄養を意味し、これが児の長期的な健康状態に悪影響を与えるからです。

(「Barker仮説」についてはまた書きます)


また、妊婦の喫煙率が上昇していることも驚きました。

胎児は胎盤という細かい血管の集まりを通して母親から酸素や栄養分をもらっているので、タバコを吸うと血管が収縮し、胎児への酸素・栄養素の供給が低下します。その結果、児の発育は制限されます。

当たり前ですが、タバコは百害あって一利なし、です。

しかし、そのようにして口を酸っぱくしてやめろといってもやめられないのがタバコのようです。

あきれてしまいますが、これは母性の欠如なのか、精神的に未熟な妊婦が増えているのか。。

短い外来中に禁煙指導と言うのもなかなか難しいですし、悩むところですね…。

 

 

続く。

2006年04月26日

この週末に行われました、日本産科婦人科学会のシンポジウム「妊娠と栄養・代謝―妊娠中の適切な栄養管理をめざして―の内容です。


まず参加者に配られた資料より、シンポジウムの背景と目的を抜粋します。



シンポジウムの背景


1.胎児の発育、機能分化のための基質は全て母体の食事に依存している。


2.これらの基質が適切な時期に、適切な量供給されないときには、IUGR(子宮内胎児発育遅延)や巨大児となるだけでなく、神経管欠損など様々な異常をきたす。


3.近年の疫学的研究により、胎生期に栄養障害に曝された児は成長後に、肥満、耐糖能異常、高血圧、心血管障害など生活習慣病(いわゆるBarker仮説)の他、統合失調症や性格障害など精神神経系の発達にも影響することが報告されている。


4.一方、近年のわが国の若年女性は、過度のダイエットや偏食によるやせが増加しており、また一部では高脂肪食と運動不足による肥満も増加している。


5.これらのやせや肥満の女性が妊娠した場合、母体や胎児だけでなく、成長後の児にも多大の影響が発生する可能性がある。


シンポジウムの目的


わが国の若年女性を取り巻く栄養や生活環境の変化など、先に述べた背景に基づき、妊娠・分娩・産褥期のみならず、生涯にわたって健康な児を出産するために、妊娠中の適切な栄養管理を、基礎的ならびに臨床的視点から検討する。

 

 

というものです。

 

 

近頃の妊婦の栄養状態は、極悪と言ってもいいと思います。

タン白質不足鉄不足はほぼ必発で、貧血は当たり前。

(妊娠による貧血ではなく、妊娠する前から貧血なのです!)

ビタミンBや、カルシウム・マグネシム亜鉛などのミネラルも不足している人が多いです。

 

そんな状態で妊娠すると、母体は自分の体をまかなう分の栄養素すら足りていないのに、さらに胎児の体を作るために栄養素を供給しなければならなくなるわけで、それによりさらに母体の健康状態は悪化し、低栄養状態で生まれる子どもは低出生体重児や体の弱い子どもになってしまいます。

それだけでなく、そんな低栄養状態で育った子どもは、将来大人になってから成人病にかかるリスクが高くなってしまうのです。

そして困ったことに、その影響はさらにその子どもの次の世代へも続きます。

 

現代日本人の平均寿命が長いのは、今長生きしているおじいさんおばあさんの両親、さらにはそのまた両親の世代の食習慣・生活習慣が良かったことが影響しているのです。

今の若い世代から、平均寿命は確実に落ちると考えられます。そしてその子どもはさらに落ちるでしょう。

60歳くらいになるのではないかと言う人もいます。

これは、日本国家存続の危機である私は思っています。

 

産婦人科医が声を上げて妊娠中の栄養の重要性について啓蒙することも大切ですが、理想を言えば妊娠してから栄養管理をするのではなくて、妊娠前から気をつけるべき問題です。

ではこの危機を乗り越えるためには、一体、具体的にどうしたらよいのでしょうか?

 

私はそれに対する答えのひとつは、サプリメントを利用することにあると思っています。

(伝統的な日本食に回帰しろ、というのは完全には無理ですから!)

そのためには、医師をはじめとした医療従事者が正しい栄養の知識を持つことが必要ですし、アメリカ並みに一般消費者のサプリメントに対する認識が変わることが必要でしょう。

 

この問題は、実際にはすでに個人レベルを超えた国家規模の問題であると思います。

政治家の方々は、目先のことや食品業界の利益を中心にものを考えるのではなくて、国としてもっと危機感を持って対処してもらいたいと思います。

 

続きは追って書いていきます。




ちょっと固い話になっちゃいました 波

 

 

 

2006年04月24日

横浜パシフィコで行われている、日本産科婦人科学会総会(通称「日産婦」)に行ってきました。

 

私が聴きたかったシンポジウムは、「妊娠と栄養・代謝―妊娠中の適切な栄養管理をめざして―でした。

 

これが、ものすっごく面白かった。

素晴らしい研究結果を聴かせていただきました。

 

産婦人科医でかつ栄養療法を行っている私としては、まさに膝を打ちたくなるような興味深い研究内容ばかりでした。

 

皆さんは、「Barker仮説」というのをご存知でしょうか?

 

イギリスの疫学者David Barker氏の「成人病胎児期発症説」で、簡単に言うと「胎児期に低栄養であること(=母体が低栄養であること)が成人期における心血管系のリスク因子である」という説です。

 

産婦人科の世界でも今ホットな話題らしく、活発な論議が交わされていました。

主にはBarker氏の説を支持する研究結果でした。

また、妊娠初期に必要とされている葉酸(ビタミンB群の仲間)の話題、妊娠糖尿病とインスリン抵抗性の話題などが挙げられました。

とても面白かったので、後日概略を書きたいと思います。

 

Barker氏の説はこの本で読めます。

胎内で成人病は始まっている

デイヴィッド バーカー, David Barker, 藤井 留美, 福岡 秀興
胎内で成人病は始まっている―母親の正しい食生活が子どもを未来の病気から守る

 

 

さて、学会中懐かしい方々にも会うことができました。

一人は、私が研修に行っていた足利日赤病院産婦人科部長の春日義生先生。

(写真を撮っていただくのを忘れました)

ボケボケしていた私を温かく指導してくださった先生です。いつもニコニコ・飄々となさっています。

悪性腫瘍の手術もできれば周産期も内分泌も得意というオールマイティーな先生で、私が尊敬するドクターの一人です。

 

そして先輩と後輩にもばったり。写真を載せていいと言われたので載せちゃいます。


懐かしの再会

 

学会で楽しいのは、懐かしい面々に遭えるのと、書籍の販売です。


本屋さん


大きな学会にはほとんど医療専門の本屋さんが出店をしていて、その辺の本屋さんにはおいてない専門書や洋書やレアな本をいっぱい売っているので、ついつい色々な本を買ってしまうのです。


買っちゃいました。。


今回もいっぱい買っちゃいました 音譜

 

 

2006年04月21日


日本産科婦人科学会の総会が横浜で始まります。
年に一度の大きな学会です。

近頃の産婦人科医療をめぐる状況は非常に厳しいものがあります。
そんな中で学会は、新しい知識を勉強する場でもあり、日々忙しく臨床をこなす傍ら医療の進歩のために行っている学術研究の結果を発表する場でもあります。
産婦人科でひまな医師はあまりいないと思いますから、大学で嫌々(苦笑)発表をしてい時にはあまり思いませんでしたが、やはりこういうことは大変に貴重なことだなあと最近は思うようになりました。

最近注目の、妊婦の低栄養に関する演題も数件あるようです。
機会があればまたブログ上で報告したいと思います。

今日はこれにて。。

2006年04月14日

 

現代のホラーです。

 

西日本新聞社「食 くらし」取材班
食卓の向こう側 (別冊)

より抜粋。

 



 

中食(なかしょく)――――ラベルを見ていますか

 

「豚体実験はもうこりごりだ」

 

二年ほど前、福岡県内の養豚農家で、”事件”が起きた。

母豚のお産で死産が相次いだのだ。やっと生まれたと思ったら、奇形だったり、虚弱体質ですぐに死んだり。透明なはずの羊水はコーヒー色に濁っていた。

「えさだ」。ピンときた農場主は、穀物などもとのえさに変えた。徐々にお産は正常に戻ったが、二十五頭の母豚が被害に遭い、農場主は生まれるべき約二百五十頭の子豚をフイにした。

母豚が食べたのは、賞味期間が切れた、あるコンビニの弁当やおにぎりなど。「廃棄して処理料を払うより、ただで豚のえさにした方が得」と考えた回収業者が持ち込んだ。期限切れとはいえ、腐っているわけではない。「ちょっとつまもうか」と、農場主が思ったほどの品だった。

肥育用の子豚に与えれば、肉質にむらがでる。そこで母豚に、それだけを毎日三キロ与えた。農場主の計算では月二十万円のえさ代が浮くはずだったが、百十四日(豚の妊娠期間)後、予期せぬ結果が待っていた。

 

原因はわからない。だが、予兆はあった。与え始めて間もなく、母豚がぶくぶく太ったのだ。すぐに量を減らした。

獣医師によると、豚はストレスに弱いため、短期間(半年)に二~三回えさの与え方を変えただけでも、調子が狂うことがあるという。

「人間でいえば、三食すべてをコンビニ弁当にしたのと同じこと。それでは栄養バランスが崩れてしまう」と、福岡県栄養士会長で中村学園短大教授の城田知子。

一般的なコンビニ弁当は高脂質で、濃いめの味付け、少ない野菜。毎食これで済ませたら…。

家庭にはない食品添加物も入っている。「腐る」という自然の摂理から逃れるには、何らかの形で人の手を加えなければならない。例えば、おにぎりを「夏場で製造後四十八時間もつ」ようにするには、添加物などの“テクニック”が要る。だが、そのおかげで、私たちはいつでもどこでも、おにぎりをほおばることができるのだ。

 

二〇〇三年のコンビニ業界の市場規模は約七兆三千億円。全国に一万店舗を展開する業界最大手のセブン-イレブン・ジャパンの販売構成比を見ると、弁当、パン、清涼飲料水、カップラーメンなど四分の三が食品だ。利用者は同社だけで年間延べ三十六億人。コンビニが「家の台所」化しているのは、決して若者だけではない。

同社など、食品管理を工夫して添加物を減らそうとするメーカーもある。中食(弁当、惣菜)が生活の中に定着しているからこそ「中身に関心を持ってほしい」。添加物に詳しい阿部司52)は力を込める。

「商品に張られたラベル(内容表示)を見て自分で判断するか、確かな材料を手に入れて自分で作るか。食は自己責任。年間約八千人が交通事故死しているからといって、社会から車を追放せよ、とならないのと同じことだ」

 

平和が戻った養豚農家。昨年は約二千頭の子豚が、母豚の腹から当たり前のように生まれてきた。

「豚体実験はもうこりごりだ」。農場主はうんざりした顔で言った

 

 

 

産婦人科医として、今も何人もの妊婦さんを診ているけれど、彼女たちの健康状態は、決して良いとはいえない。体調の悪い、不健康な妊婦のなんと多いことか。つわり、便秘、貧血、切迫流産・切迫早産、皮膚のトラブル、妊娠中毒症、肥満、やせ、難産、低出生体重児、胎児の先天奇形、…etc。妊娠に伴うトラブルは、大きいものから小さいものまで、妊婦の栄養状態と無関係ではない。生まれてくる赤ん坊が「自分が食べたもので作られている」という認識は、もしかしたら彼女たちにはあまりないのかもしれない。自分の体が自分が食べたもので作られているという感覚すらも、希薄に見えるのだから。でもそれはきっと妊婦だけではなく、いまの日本人の平均的な姿なのだろう。

この話は、決して“他人(豚?)事“ではない、と思うのは私だけだろうか?

2006年04月12日


前回のタン白質濃度の話の続きです。


肉体改造挑戦中に出現した、「頭重感・ボーっとした感じ・頭痛・異様なのどの渇き」などの症状が、総タン白質濃度の上昇による膠質浸透圧の上昇に基づいたものである、というのが前回までの考察です。


確か、某ロック歌手の方の健康に関する本にも、ジムでガンガンプロテインを飲んで肉体改造をしていたときに、頭痛や頭がボーっとすることがあったと書いてありました。

その方は、それが「タン白質の毒性によるもの」であり、「だからタン白質はあまり摂るべきではない」、と結論付けていらっしゃったのですが、私はその説には反対です。

データおよび実体験から、このような症状はあくまでも膠質浸透圧の上昇による「脳の脱水状態」が原因だと、私は推測しています。

それに、ヒトの体を構成する要素であるタン白質が「毒性を持つ」というのは、生化学的に考えて、ありえない話だからです。


ですから、今までの話を読んで、「じゃあやっぱりタン白質って摂り過ぎないほうがいいのね!」と思った方がもしいらっしゃったとしたら、それは私の言わんとしていたことではありません。

今回の私の例は特殊なケースで(過激にやりすぎました!)、普通に食事からタン白質を摂っている限りでは、このような事態まず起こり得ません


それどころか、このブログでは口を酸っぱくして言っていますが、一般的には、タン白質が不足(もしくは欠乏)している人の方が圧倒的に多のです。

私の見た限りでは、私自身もそうでしたが、現代の日本人の多くは、タン白質不足のために血液濃縮が起こっています。

これは血液検査でわかりますが、一般的な医療現場ではそういう視点がありませんから、指摘されることはほとんどありません。


話は肉体改造からずれてしまいますが、このタン白質不足と膠質浸透圧、そして循環血漿量の問題と言うのは、実は性のQOLと深く関わっているのです(女性だけとも限りませんが…)。


血液濃縮≒循環血症量の減少(血液の量volumeが少ない)があると、どんな症状が起こるでしょうか?

先にも書きましたが、むくみの原因になりますし、低血圧立ちくらみなどが起こりやすくなる可能性があります。

それに、多くの女性が悩んでいる「冷え症」。

冷え症とは、血行不良です。

血液の量が少なくなっていたら、血管の容積はほぼ一定ですから、当然血行は悪くなります。

同じ太さのホースに、水をちょっとだけ流すのと、たくさん流すのとでは、流れる勢いが違いますよね?

つまり、タン白質不足による血液濃縮=循環血漿量の減少は、血行不良を引き起こし、冷え」という症状を引き起こす、と考えられるわけです。


私は、冷え症の原因としてこれはかなり「主犯格」だと思っています。

もちろんこれ以外にも、血・ビタミンB不足・E不足・鉄不足・筋肉不足・基礎代謝の低下・冷えやすい体質・体を冷やす環境など、いろいろな原因が複合的に存在して冷え症が起きていると考えられますが、上記の機序を考えると、ビタミンE(だけ)を摂ったり半身浴をしたりという一般的な冷え症対策は、やった方がいいのは確かだと思いますが、根本的な解決とは言いがたい、と私は思っています。

漢方治療はどうかというと、証に合っていれば有効だと思いますが、そのような症例ではほとんどタン白欠乏があると思われますから、タン白欠乏を是正することも同時に必要なことで、そこを是正しないで漢方だけやっても完治は難しいのではないかと思います。

私自身もそうだったのですが、実際に栄養療法で蛋白欠乏を是正していくと(もちろんタン白質以外のほかの栄養素も補っていくのですが)、それだけでえ症はほとんど良くなってしまうのです


循環血漿量が減少していることを、現実に血液の量を計って証明することはもちろんできません。

しかし面白いことに栄養療法を行っていると、血液データ上、治療前にあった血液濃縮が治療後に改善していることを示す変化が見られます。

(ちなみにTPは血液濃縮の影響を受けるので、それのみではタン白質不足の判断をすることはできません)

こんなことは医学書には載っていませんが、栄養療法を行っていると頻繁に遭遇します。

冷え症を治すために栄養療法をやっているわけではなく、「ついでに」治ってしまうのですけれどね。


というわけで、冷え症に栄養療法はとても有効ですが、もちろん食事できちんとタン白質を摂ることがとても大事です。

詳しくは過去ログ「お肉を食べよう!~タン白質の重要性~」をお読みください。

もちろん理想を言えば、複合的な治療レベルでの栄養補給(=栄養療法)を行ったほうが、治療効果は高いです。



肉体改造小咄、まだまだ続きます。


2006年04月09日



引き続き、肉体改造日記です。

前回までの分をお読みになってからご覧くださいませ。


前回示した、肉体改造挑戦中の血液検査データについての考察です。


まず特筆すべき点は、開始後5日目のTP(総蛋白濃度)が、開始前の7.2から8.6に急上昇していることです。

これは結構びっくりする変化です。

このTPの上昇が、3日目ごろから現れた「頭重感・ボーっとした感じ・頭痛・異常なのどの渇き」の原因だと考えられるのです


TP(総蛋白)とは、血液中のタン白質を総合した濃度を表します。

総蛋白のおよそ6070%がアルブミンというタン白質なのですが、このアルブミンは人体にとってとても重要な役割を担っています。

そのひとつは、血液の「膠質浸透圧(こうしつしんとうあつ)」を調整するという働きです(医療関係の方は生理学の講義で習いましたね!)。


以下ちょっと専門的な話になりますが、説明が必要だと思うので書いておきます。

(浸透圧についてはこちらの一歩一歩学ぶ医学生理学が詳しいです)


浸透圧と言うのは簡単に言えば、「水を引っぱる力」なのですが、アルブミンは血管内に水を引き込み、保持する作用を持っているため、アルブミンの量で血液中の水分量が決まります

すなわち、アルブミンの量が血液の濃さ(および量(volume))を決めているのです

低蛋白血症(=アルブミンが少ない)では、水を血管内に保持できにくくなるため、循環血漿量が減少し、血液濃縮が起こります。さらに進行すると、血管外へ水分が漏れてしまい(漏出)、浮腫(むくみ)が起こります。

血液の量をある程度保つためには、アルブミンの絶対量が必要なのです。


ということは、逆にTPが高い(濃い)ということは、血管外から血管内へ水分を引っ張ろうとする力が働きます。

つまり、タン白質を過剰に摂りすぎたためにTPが上昇→膠質浸透圧が上昇→脳が脱水状態に陥り、「頭重感・ボーっとした感じ・頭痛」などの症状が出現したのではないか考えられるわけです。

特にプロテインを飲んだ後やタン白質の多い食事をした後に、頭痛が起きていたこともこれを裏付けています。

のどが渇くのは、血液の浸透圧が上昇したために、水分を摂らずに脱水状態になった場合と同じ理屈で、「のどが渇いた」というサインが出るのでしょう。


この時、タン白質と野菜中心の食事を摂り、ジムや自宅でもプロテインをガンガン飲んでいました。

1日のタン白質摂取量は、はっきりはわかりませんが、80g以上は摂っていたかもしれません。

私の体重はほぼ50kgで、筋肉量が比較的少ないことから考えると、激しい運動をしていたとは言え、私にとっては過剰な摂取量だったのでしょう。

また、栄養療法ですでに蛋白質不足が是正された状態だったために、比較的急速にタン白質の血中濃度が上がってしまったのではないかと考えられます。



この話、まだまだ続きます。



2006年04月07日




さて、人体実験ならぬ、肉体改造日記の続きです。



肉体改造(ダイエット《高タンパク・炭水化物抜きの食事》+週3回の筋肉トレーニング)を開始してからの体調の変化について書きます。



肉体改造に挑戦している期間中、私のQOL(生活の質)は、正直かなり低かったです。


開始して3日目頃より、かなり強い疲労感筋肉痛はもちろん、頭重感頭がボーっとした感じ出現しました。

頭の回転が普段より明らかに鈍かったです。(←もともと鈍いんですが…(^ ^;;

そして時々激しい頭痛がしました。

また、変なのどの渇きがあり、水分を摂っても摂っても、のどの渇きが癒されないのです。

これはかなり気持ちの悪い経験でした。


あまりにも体調が悪いので、糖質をほとんど摂っていないせいで低血糖になっているのかと思い、4日目に血糖値を測りましたが、食前で88mg/dlと正常で、低血糖ではありませんでした。


また、開始後約1週間で、右肩から首筋にかけて(僧坊筋)筋肉の痛み続き、マッサージをしてもらってもちっともよくならなくて、困りました。



以下が、肉体改造開始前と開始後の、血液検査データの一部です。



 

改造前

5日目

10日目

16日目

基準値

血色素量

13.4

14.2

14.4

13.7

11.515.0

TP

7.2

8.6

8.0

7.6

6.78.3

GOT

23

23

39

29

1040

GPT

19

26

24

31

545

CPK

78

100

1445

304

40150

K

3.8

5.1

5.6

4.5

3.55.0

CoQ10

-

553

859

3110

-


*単位:血色素量(g/dl)、TP(総蛋白)g/dl)、GOT (IU/l)、GPT (IU/l)、CPK (IU/l)、K (mEq/l)、CoQ10 (ng/ml)

*血色素量とCPKは女性の基準値です。


これは、見る人が見るとかなり興味深いデータだと思います。

このデータで、私の体調の変化の原因がかなり明快に説明できるのです。



続きはまた次回。


2006年04月04日


一昨日、和田隆さんという有名なジュエリーデザイナーの方の個展を観に、銀座ACギャラリーというところに行ってきました。


知人の紹介で初めて知ったのですが、NYのアート&デザインミュージアムにパーマネントコレクションとして作品が収蔵されているという、とても有名なデザイナーだそうです。


ゴールドやダイヤなどを使ったきらびやかなジュエリーではなく、漆など変わった素材を使ったアーティスティックな作品なのですが、だからといってエキセントリックではなく、とても素敵なのです。


一見シンプルなデザインに見えるものでも、身に着けてみるととても存在感があったり、逆に大胆なデザインに見えても、悪目立ちせず服に馴染んで、とってもお洒落なのです。


wada01.jpg


(写真はspace TRYさんのHPよりお借りしてきました。)



存在感があるのに、服やつけている人の邪魔をしない、逆に引き立たせるデザインとでも言うのでしょうか。


森英恵さんがコレクションでよく使っていらしたらしいです。


和田さんご自身もとても素敵なおじ様でした。



美しいものっていいですよね。


久しぶりに美しいものに触れて、優雅な気分になりました。


そしてお洒落心がくすぐられました!


もうちょっと気を使わなくっちゃ。。。(^ ^;

« 2006年3月 | メイン | 2006年5月 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。