«  2006年4月29日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年4月26日 | メイン | 2006年5月 3日 »

2006年04月29日

 

引き続き日産婦シンポジウムの概要です。

演題は5件ありました。

1件ずつ私なりに要約を書いてみます。


 

演題1 「妊娠期の低栄養の現状と改善への提言」

演者 国立保健医療科学院生涯保健部母子保健室長 滝本秀美先生

 

1.1980年から2000年にかけて、新生児の出生体重は140g減少している(3194g→3053g)。

2.同様に低出生体重児(2500g未満)の児の割合4.2から7.6増加している。

3.妊娠中の喫煙率1990年の5.6から、2000年は10.0増加している。

4.19762000年の間に「やせ(BMI18.5未満)」の女性の割合4人に1に増加している。

5.やせの妊婦で妊娠中の体重増加が少ない7kg未満と7-9kg)で、低出生体重児の割合が高い(最大15%)。

6.喫煙妊婦は非喫煙妊婦に比べて低出生体重児の割合が高い(約2倍)。

 

これらのデータの考察として

「若い女性の「やせ」の増加は、低出生体重児出産のリスクのある女性の増加につながっている可能性がある」

「妊娠中は、栄養学的な質が十分な食事をとり適切な体重増加を促すことと、禁煙を進めることが重要である」

ということでした。

 

 

これが現実です。

最近はとてもスリムな女の子が多いと思っていましたが、今回の発表でも実際に、若い世代で有意にやせた女性が増えていることが示され、そのような女性の生む子どもは出生時体重が少ない傾向があるということが示されました。

そんなにやせてて大丈夫?と言いたくなりますが、大丈夫ではなさそうです。

「やせ」=低栄養を意味し、これが児の長期的な健康状態に悪影響を与えるからです。

(「Barker仮説」についてはまた書きます)


また、妊婦の喫煙率が上昇していることも驚きました。

胎児は胎盤という細かい血管の集まりを通して母親から酸素や栄養分をもらっているので、タバコを吸うと血管が収縮し、胎児への酸素・栄養素の供給が低下します。その結果、児の発育は制限されます。

当たり前ですが、タバコは百害あって一利なし、です。

しかし、そのようにして口を酸っぱくしてやめろといってもやめられないのがタバコのようです。

あきれてしまいますが、これは母性の欠如なのか、精神的に未熟な妊婦が増えているのか。。

短い外来中に禁煙指導と言うのもなかなか難しいですし、悩むところですね…。

 

 

続く。

« 2006年4月26日 | メイン | 2006年5月 3日 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。