«  2011年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 明日から | メイン | 日産婦シンポジウム 「妊娠と栄養・代謝」総論 »

2006年04月24日

横浜パシフィコで行われている、日本産科婦人科学会総会(通称「日産婦」)に行ってきました。

 

私が聴きたかったシンポジウムは、「妊娠と栄養・代謝―妊娠中の適切な栄養管理をめざして―でした。

 

これが、ものすっごく面白かった。

素晴らしい研究結果を聴かせていただきました。

 

産婦人科医でかつ栄養療法を行っている私としては、まさに膝を打ちたくなるような興味深い研究内容ばかりでした。

 

皆さんは、「Barker仮説」というのをご存知でしょうか?

 

イギリスの疫学者David Barker氏の「成人病胎児期発症説」で、簡単に言うと「胎児期に低栄養であること(=母体が低栄養であること)が成人期における心血管系のリスク因子である」という説です。

 

産婦人科の世界でも今ホットな話題らしく、活発な論議が交わされていました。

主にはBarker氏の説を支持する研究結果でした。

また、妊娠初期に必要とされている葉酸(ビタミンB群の仲間)の話題、妊娠糖尿病とインスリン抵抗性の話題などが挙げられました。

とても面白かったので、後日概略を書きたいと思います。

 

Barker氏の説はこの本で読めます。

胎内で成人病は始まっている

デイヴィッド バーカー, David Barker, 藤井 留美, 福岡 秀興
胎内で成人病は始まっている―母親の正しい食生活が子どもを未来の病気から守る

 

 

さて、学会中懐かしい方々にも会うことができました。

一人は、私が研修に行っていた足利日赤病院産婦人科部長の春日義生先生。

(写真を撮っていただくのを忘れました)

ボケボケしていた私を温かく指導してくださった先生です。いつもニコニコ・飄々となさっています。

悪性腫瘍の手術もできれば周産期も内分泌も得意というオールマイティーな先生で、私が尊敬するドクターの一人です。

 

そして先輩と後輩にもばったり。写真を載せていいと言われたので載せちゃいます。


懐かしの再会

 

学会で楽しいのは、懐かしい面々に遭えるのと、書籍の販売です。


本屋さん


大きな学会にはほとんど医療専門の本屋さんが出店をしていて、その辺の本屋さんにはおいてない専門書や洋書やレアな本をいっぱい売っているので、ついつい色々な本を買ってしまうのです。


買っちゃいました。。


今回もいっぱい買っちゃいました 音譜

 

 

« 明日から | メイン | 日産婦シンポジウム 「妊娠と栄養・代謝」総論 »

コメント

Keep on wiirtng and chugging away!

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。