«  2006年7月 9日 - 2006年7月15日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年7月 2日 - 2006年7月 8日 | メイン | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

2006年07月15日

james.jpg


はい。ちょっと「今さら」感が漂いますが、「ユア・ビューティフル」で有名なジェイムス・ブラントのライブアルバム、DVDつき。


人間なんだから、きれいなところばっかりじゃないはずなのに、なんでこんなに無垢な感じがするんでしょうね、この人は。

懸命なようにも見える、歌っている彼のピュアな眼差しに、釘付けになってしまいます。

「ユア・ビューティフル」をはじめ、楽曲の良さはもう言うまでもないですが、若いのに歌がうまいというのを超えてソウルフル。

純粋なのか、不器用なのか、びんびん響きます。

女性で言うとアラニス・モリセットに似てるかな。


映画「グラン・ブルー」もそうだったけど、女性は「少年のような心を持った」とか、「ピュアな(風に見える)」男性に、何故か弱い。(私だけではないはず!)

ピュアに見えるのと本当にピュアかどうかは別問題だし、純粋なのはよくても変にまっすぐ過ぎて周りに迷惑をかけたりして結構困り者な場合が多いと思うのだが、ハートを摑まれてしまうのはなんでなんでしょうね。

今日はあまり考える気がしないので、どなたか解説してくださいませ UFO

(適当でごめんなさ~い。。)


今日はこれにて。。 波



2006年07月12日

すっかり夏ですね!

蒸し暑くても、四季の変化のはっきりしているのは気持ちがいいです。


さて、先日、TBS系の「誰よりもママを愛す」というドラマを見ました。

(内田有紀ちゃんはやっぱり可愛いですね~)

 

田村正和さん扮するお父さんが「家庭を切り盛りする主夫」をする「ちょっと変わった家族」という設定のドラマのようですが、伊藤蘭さん扮する「一家の大黒柱」のお母さん以外の家族全員が、食卓を囲んで仲良く団欒しながら夕食を食べている、という場面がありました。

 

TVドラマを見ていると、このように「家族全員で食卓をかこむ風景」(この場合お母さんは帰宅していなかったのでいませんでしたが、家にいる家族は全員揃っていました)というのがお決まりのように出てきます。

 

私たちも、なんとなく、それが本来の家族のあり方であり、どの家族も同じようにしているのではないか、と漠然と思っていると思うのですが、実はこのような家族団らんの風景というのは、現代日本では

「幻想に近い」

ということをご存知でしたか?

 


これはNHKの番組で、子どもたちに食事の風景を絵に描いてもらうという、画期的な調査を行ったものなのですが、現代の子どもたちの「食の現実」というのをまざまざと見せ付けられます。


朝食はおろか、夕食も一人で食べる子どもたち。

 

親や兄弟がいても、TVを見たり、他のことに忙しくて、一緒に食べず、「ただ黙々と食べる」子どもたち。

 

お母さんが作ってくれないので、パンと牛乳だけ、夕食はたこ焼きやホットケーキ。もしくはカップ麺か、コンビニのお握り。

 

親と食べると「いろいろ言ってうるさいから」一人で食べる方がいい、という子どもたち。

 

朝起きられない、だるい、疲れやすい、頭痛がする、そしてイライラする子どもたち。


「子食」「孤食」「個食」

などと言われる、孤立した食事の実態と、栄養素の乏しい貧しい食事。

 

家族全員で食卓を囲む風景、また、理想とされる「一汁三菜」と呼ばれる献立のお宅は、非常に稀です。

 

家族団らんを失うということは、同時に栄養素をも失っているということです。

 

そんな食の世界の中で、悲しいことに、我が国日本の子どもたちの多くは、育っているのです。



そして、どうして子どもたちはそういう環境に置かれてしまうのか?という問いに対するひとつの示唆が、この本にあります。



アサツー・ディ・ケイという広告代理店のマーケティング調査の一環で、主に30代から40代前半の主婦にアンケートをとったものをまとめた本です。



現代の母親の、栄養に関する無知、食に対する比重の軽さ。


ちゃんとした食事を作る時間や経費があったら、それらを切り捨てて娯楽や教育費用に当てる。


子どもの栄養よりも、主婦の都合や体裁を優先する。

それが将来どんな結果を及ぼすかということを、深刻に考える主婦はあまりいないようです。


食事や食卓を軽視する、刹那主義的な現代主婦の感覚に、めまいを覚えます。


あまりにも、あまりにもひどいです。




一家が揃って食卓を囲んで団欒しながら食事をすること。


これはすでに「幻」と言っていいようです。


食の乱れは、栄養がきちんと摂れないというだけの問題ではなく、我々日本人の価値観そのものが大きく変わりつつあることを示しています。


栄養素の不足は子どもたちの体や精神の発達に悪影響を及ぼす、というだけでなく、一人での食事は、家族の絆や、人間関係の築き方、ひいては「人間らしさ」というものの形成に、支障を来たすのではないでしょうか。


人間をはぐくむ基本単位である「家族」が、「食」から壊れている。


そんな日本人の姿が見えるようです。


我々日本人は、一体どこへ行こうとしているのか。


「便利」というものの代償に、私たちは何を得ようとしているのか。




もう少し、単に「栄養を摂る」というだけではない「食」の意義を、見つめなおしていかなくてはいけない、と思います。




それぞれの本については、後日もう少し詳しくご紹介したいと思います。




 

« 2006年7月 2日 - 2006年7月 8日 | メイン | 2006年7月16日 - 2006年7月22日 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。