«  2006年8月20日 - 2006年8月26日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | メイン | 2006年8月27日 - 2006年9月 2日 »

2006年08月26日

会期終了間近の「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」に行って来た。


予想通り、すごい人ごみ。


江戸文化については正直あまりよく知らないが、日本人の感性はすごいと思う。


伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)は、数多いる江戸時代の画家の中でも、個性あふれる作風でいま注目を浴びているらしい。


jyakutyuu.jpg

 


紫陽花双鶏図



ディテールがすごい。ちょいと偏執狂?っぽさも感じるほど、微に入り細に入り、描写されている。


でもよーく見ると、見たままを描いているのではなくて、かなりデフォルメされているんだよね。


これってモダンアート?と言いたくなるくらい、かなりエッジィだ。


日本画って大人しいもの、というイメージがあったけど、予想外な動き。


曾我蕭白(そがしょうはく)と言う人も有名だけど、この人がかなり破天荒で奇行の多い人だったらしい。


絵も凄いよ。トンガってる!

2006年08月21日

すっかりサボり癖がついてしまいました。おかげさまで元気でやっております。

しかもまったく医学ネタではなくてすみません。

(よりにもよってアラーキーネタ)




 

 

 

アラーキーってやっぱりすごい。自分で天才って言っちゃってるし。最高。

 

 

「写真は3Pである!ハハハハハハハ

 写真は一種のインタビューだ、インタビューとおんなじだっていうこと。相手から何を引っぱり出すか。インタビューってのは引っぱり出すことでしょ。だから、表現じゃなくて表出。相手のことを表すんじゃなくて、相手の何を引き出すかっていうことなんですよ。

 私の場合は一応性善説だから、相手のいいとこだけを引き出そうとするわけ。悪は写さない。写真で人を撮るっていうことはね、絵描きみたいに、自分のイメージの顔にするっていうのじゃないの。そういうのはダメ~。一種、奥ゆかしさを装わないとさ(笑)。

 写真を写すっつうのは、同化なんていうんじゃなくて、犯されるぐらいの気持ちじゃないとダメですよ。駄洒落でいうと、道化でもいいんだけどね。なんか、ふたりで作った異化作用っつうか……。いままで気づかなかったことを、撮る側と被写体が協力して化けたものにして出す、っつうことかな。撮る人が写真を作るっつうんじゃなくて、撮られる人と撮る人のコラボレーションなのよ。もし創造とか創作とかいう言葉を使うとしたら、いま言ったような感じをふくめなくっちゃ。写真っつうのは共作なんですよ。カメラもふくめれば、三人の共犯か。写真は3Pである!っつうわけ。

 写真っつうのはさ、生きることなんだよね。もう、生きることの原点ですよ。ひとりじゃ生きていけないのよ。ひとりは寂しいもんですよ。どんな奴でも、他者がいないと面白くない。そういうふうにできてる、人間っつうのは。プラスもマイナスも関係ないのよ。とにかく誰かが必要。そういうことですよ!」

 

 

「似るっつうことだけならさ、写真撮るだけでいいって言うかもしれないけど、写真撮ったって似ないんだから。写真は、似るったって似てないだろ?なあ。写真っつうのは、そのまま写るって思うかもしれないけど、写真機使ったって似ないんだから。だから、絵で似てなくたって恥じることはないんだってこと。

あのね、写真っつうのは、いや、写真家っつうか、まあ私の場合は、男だから、五〇歳の女を見て、過去、その人の過去が頭の中に彷彿と浮かんでこなくちゃダメなんだ。人生、きたな~って、過去の人生が見えちゃうのさ。そんで、五〇歳、六〇歳のポートレートで大切なのは、その過去ですよ。人は顔だって?そう、まったくそう。」

 

 

「考えてみるとね、写真というコトの中には、ウソとマコト、虚実が混ざって入っているんだね。それで、あたしはともかくシャッターを無心に押しているだけなんだよな。私に主体性はないのよ。主体性は被写体にあるってこと。さっき、物語は写される側にあるって言ったけど、それと同じことだな。何が主観か、何が客観かということを見きわめたいとも思わないんですよ。もしかしたら、あたしに客観性というものがないかもしれないんだからさ。

それからついでに言っておくけど、何かを記憶したいと思って写真を撮ってる人がいるかもしれないけど、あたしの場合は撮った瞬間に記憶がなくなるのよ。あたしに記憶がなくなってもいいの、記憶は写真機がするんだから。でもね、写真は、記憶を失いたいと思って撮ってるのかもしれないのよ、ほんとに。写真になることで新しい記憶が出てくるんですよ。

写真には過去も未来も入ってるっていっつも言ってるでしょ。じゃあ、写真機は現在を撮れるかっていうと、カメラに現在は写らないと思うのよ。シャッターを押した瞬間は現在だけどさ、写真になってできあがってきたときに写っているのは過去だからね。」

 

 

 

 

お気に入りの写真集



tokyonekomachi.jpg

 

荒木 経惟
東京猫町



小っちゃな子猫が、何か言ってる!しゃべってる!

可愛くて、そして切ない。猫たちのいる東京の町並み。

 

 

 

 

 

« 2006年8月13日 - 2006年8月19日 | メイン | 2006年8月27日 - 2006年9月 2日 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。