«  2006年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年09月28日

この仕事をしていると、人の顔を見ただけで、どんな栄養素が足りないのか大体わかります。

食べているものが顔に出るんです。

これ本当。



例えば、肌色が青白かったり、黄色みを帯びて血色が悪いような人は、貧血鉄欠乏です。

目の周りが黒ずんでいたり、口角に湿疹や炎症のある人は、亜鉛欠乏を疑います。

慢性湿疹があるような人は、亜鉛欠乏ビタミンB群欠乏を連想します。

皮膚の新陳代謝にはそういった栄養素が必要不可欠なのです。


 

また、見ただけで

こりゃタンパク質が不足してるわ

とわかる人もいます。

それは、年齢に比べてシワが目立ち、たるんでハリのない肌をしている人です。

要するに「老け顔」です。(ああ、怖い…)



老け顔だけでなく、タンパク質不足では、いろいろな肌トラブルが起こります。

くすみや肌荒れ、毛穴の開きなどももちろんそうです。

肌が薄い、というのもそうですね。

そういう人は大体ビタミンB群も不足していますから、肌の新陳代謝が非常に低下しているのです。



また、血液検査をすると、赤血球の大きさを表すMCVが異様に高値になっている人がいます。

これはビタミンB12と葉酸の不足により、赤血球に大球性の変化が起きているということを意味しますが、こういう場合毛細血管の血流が非常に悪くなってしまいます。

こういう方のお肌は、「くすみ」を通り越して「真っ黒」です。

(いわゆる「色黒」というのとは違う黒さなのです)

ビタミンB12や葉酸は、「タバコ」や「飲酒」で消費量が増加し、欠乏しやすくなります。

喫煙者やアルコール中毒者の顔色が悪いのは、こういう原因もあるのです。(胃が悪い方も欠乏に陥りやすいです)



ニキビは、原因が複雑です。

ビタミンB群不足はまず絶対ですが、ビタミンAが必要な場合もありますし、鉄欠乏が原因の場合もあります。

そして実は低血糖が原因である場合もあるのです。

なので、ニキビがたくさんある人を見ると、甘いものを食べ過ぎているんじゃないだろうか、とまず思います。

活性酸素ダメージが原因である場合も多いので、ビタミンCやEも必要です。

そしてタンパク質不足は全てに関係しています。

 


ニキビや虫刺され、打撲や傷のあとなどが治りにくく、なかなか消えない、というのも、タンパク質などの肌の材料不足による部分が大きいです。

肌の新陳代謝が衰えていることの表れです。

最近年のせいか、傷の跡が消えなくて…、とおっしゃる向きは、老化というより栄養素の不足を疑ったほうがよいでしょう。


 

若くても、お肌が荒れていたり、キレイとは言えない方がいらっしゃいますが、そういう方は普段


ろくなものを食べていない


ということを宣伝して歩いているようなものです。

要するに、お肌を作るのに必要な材料、つまりタンパク質・ビタミンB群・ビタミンC・鉄・亜鉛などの栄養素を、ちゃんと食べていないのです。

食生活はきちんと肌に表れるのです。

厚化粧をしても、流行のメイクをしても、何を食べているかはバレてしまうのです。




肌のトラブルには、必ず原因があるのです。


栄養欠乏を是正せずして、高価な化粧品をいくら使ったところで、お肌をきれいにすることはできません。


美肌のために必要なものは、肌の材料(=栄養素)である


ということを知っていただきたいと思います。


これは口からとらなくてはだめで、肌にいくら塗りつけても無意味です。



 

アトピーや尋常性乾癬などは、単に栄養欠乏というよりは特殊な型ですが、基本的に炎症性疾患ですから、肌の材料をきちんと入れた上で、炎症を抑える不飽和脂肪酸やビタミンA・B・C・Eなどで良くなります。




過ぎた栄養素の欠乏を治すには、食事の改善はもちろんですが、治療量の栄養素の補給、つまり栄養療法が最も効果的な方法です。


2006年09月24日

我が家には今、「マドンナ旋風」が吹き荒れています。

 

そう、先日、あのマドンナ様のコンサートに行ってきたからです。

 


MADONNA.JPG

 


いやー、良かった。マドンナ、普通じゃない!(当たり前か)

 

完璧なステージでした。

 

ええもん見せてもろた、って感じです。

 

まず体力があることあること。

 

2時間まるまる歌いっぱなし、踊りっぱなしで、見ているだけのこっちが座りたくなるのに、47歳にしてあのパワー。

 

信じられません。

 

そして歌のうまさを再認識しました。声量があります。

 

衣装もおしゃれで全部似合ってて可愛いし、バックダンサーはみんな滅茶苦茶うまくて格好いいし、モニターに写しだされるカメラワークも完璧。

 

そしてなんと言うか、マドンナ、可愛かったです。

 

政治的なメッセージ性の強いVIDEO画像が流れたと思えば、中指立てて「FU○K」連発だし、白いパンタロンスーツでサタデーナイトフィーバー風のダンスを踊ったり、ギターをかき鳴らして歌ったり、すごくキュートでした。

 

そして最後は「HUNG UP」で、あのレオタード姿です。

 

やっぱり最後はこれを拝ませていただかないと…、という感じで、迫力のシメでした。

 

プロフェッショナル、とはまさにこのことか。

 

 

しかし、彼女のあの若さ、美しさ、迫力ボディ、体力は、どこから来るのか、というのが職業柄やはり気になります。

 

彼女に日本人のマクロビオティックのシェフがついているというのは有名な話ですが、マクロビだけで果たしてこうなるのか、私には疑問です。

 

筋肉自体はハードなトレーニングの賜物でしょうが、マクロビだけでは絶対的にタン白質が不足します。

 

いくら頑張っても、植物性食品のみで、体細胞の「異化=同化」を維持するために必要なタン白質量を摂ることは、不可能に近いからです。

 

人種による違いもあると思いますが、本当にマクロビを完璧に実行して動物性食品を摂らないようにしているのなら、プロテインをきっちり摂らないとああはならないだろう、と推測しています。

 

しかし、うろ覚えですが、第2子のベビーは常位胎盤早期剥離で緊急帝王切開になったと聞いたことがあります。

 

というと、産婦人科医で分子整合栄養療法医でもある私としては、「タン白質が不足していたのではないか」と、いらぬ推測をしてしまうのです。

 

あくまでも推測ですが。

 

マクロビが悪いとは言わないですが、タン白質が足りないのは良くないです。

 

 

一体彼女の体内環境はどうなっているんだろうか。

 

栄養素は足りているんだろうか。

 

アメリカではかなり普通に若返りのための総合ホルモン補充療法が行われていますが、果たしてそういうことをしていらっしゃるのだろうか。

 

タン白質自体が不足しているのに、無理やり同化を促進するホルモンなどを使うと、絶対どこかにしわ寄せが来ます。

 

カラダに無理なく若返りや健康維持を望むのであれば、タン白質をはじめとする栄養素を至適量摂るのが一番なのです。


一体どうなっているのか、気になって仕方がありません。

 

 

 

 


ああ、マドンナ様の血液検査をしてみたい

 

 

 

 

 

 

 

…余計なことで悶々としてしまう私なのでした。

 

 

 

 

 

 





血液検査についてはこちら

2006年09月21日

ただいま発売中の実業之日本社「ボディ・プラス」11月号で、骨粗鬆症について話をしています。



「カラダの学校」というシリーズで、今回のタイトルは「今こそ”丈夫な骨”の育てどき!芯からキレイな女を目指せ」というものです。


女性に圧倒的に多い病気、骨粗鬆症。

最初のうちは自覚症状はほとんどないので、相当進行したり骨折しなければ気が付かないことも多いです。


特に現代の若い女性の食生活の悪さは、将来の骨粗鬆症を起こす大きな原因なのです。


一般的には、一度骨粗鬆症になってしまった場合、治癒は非常に難しいとされています。

 

しかし、実はそんなことはないのです。

 

分子栄養学に基づく栄養療法で、骨密度は増加させることが可能です。

 

骨の材料は、当たり前ですが、栄養です。


カルシウムだけ摂っても、残念ながら丈夫な骨は作られません。タン白質や各種ビタミン・ミネラル等の総合的な栄養アプローチを行ってはじめて、骨密度を上げることができるのです。


もちろん、予防としては、肉や魚、大豆、乳製品などのタン白質やカルシウムが豊富な食材を使って食事をきちんとすること、そして運動が基本です。

2006年09月17日

最近相撲にはまっています。


と言っても日曜くらいしか見られないのですが。


多分、日本的なものに飢えているのでしょう。


相撲の心、「礼に始まり礼に終る」なんて言葉を聞くと、「なんて新鮮なんだ!!」と感動してしまいます。


「がっぷり四つ」なんて言われると、わかったようなわからないような感じですが、うお~~、と思ってしまいます。(専門用語は全然わかりませんw)


体と体のぶつかり合い、真剣勝負、という緊張感も、また新鮮。


そして、いい力士は、顔が違う。存在感、立ち居振る舞い、所作の美しさ。


体から、何かやっぱりオーラみたいなものが出ていると思います。


そのいい例はやっぱり朝青龍関ですよね。


面白いなあ、と思う力士は結構外国人力士だったりするのですが、やはり彼らのガッツは相当なものなのでしょう。


日本人力士ももっと頑張って欲しいです メラメラ




日本の文化にもっと浸りたいと思う今日この頃です。


2006年09月13日

なんだかだるくて体が重いし、体調が悪いなあ…、と思っていた時、そういえば横着してマルチビタミンだけを摂っていてビタミンCを十分(グラム単位で)摂っていなかった、ということに気がつき、ビタミンCを摂るようにしたらすっかり元気になった、ということがよくある。

 

疲れやすい、元気が出ない、…という症状にはいろいろな原因があるけれど、実はビタミンCの欠乏もその原因のひとつである。

 

私たちが食べた三大栄養素、すなわち糖質、脂質、タン白質は、細胞内のミトコンドリアというところで、全てTCA回路という回路に入ってエネルギーに変えられる。

それぞれの栄養素の代謝経路にはほとんど全てにビタミンB群が補酵素として関与しているので、ビタミンB群欠乏では当然エネルギー産生がうまく行われなくなり、疲労感や脱力、精神神経機能の低下などが起こる。また、エネルギー産生がうまく行われないと言うことは、消費されなかったエネルギーは脂肪となって蓄積するので、太る、ということになる。

現代人の食事は、加工食品・精製食品が多いことなどから、現代人は一億総ビタミンB群欠乏と言ってもいいくらいだ。

 

しかし、ビタミンB群だけではなく、ビタミンCもエネルギー産生に関与している。

それは主に脂肪を分解してエネルギーに変えるときに働くのだが、よく言われているような「運動を始めて20分後からようやく脂肪が燃焼し始める」というのは間違いで、実は普段の生活の中でも、この脂肪酸をエネルギーに変える経路は働いている。

脳を除く生体のほとんどの組織では、基礎代謝でエネルギーの50%が脂肪の酸化によってまかなわれている。

 

特に、飢餓時、糖質を制限している時、糖尿病などでインスリンの作用が低下して糖を細胞内でうまく利用できない場合などは、糖をエネルギーとして利用できない(または制限する)ために、脂肪を分解して脂肪酸をエネルギーとして利用する経路が優位になることになる。

 

脂肪酸が細胞内に取り込まれると、アシルCoAになり、それがカルニチンと結合してアシルカルニチンになってミトコンドリアに取り込まれる。そこでまたアシルCoAになってβ酸化を受けてTCA回路に入り、エネルギーを産生する。

このカルニチンはアミノ酸のリジンとメチオニンから作られるが、このカルニチンの合成にビタミンCが必要なのである。

よって、脂肪酸を燃やしてエネルギーを得るためには、ビタミンCが充分あることが必要である。

 

ということで、ビタミンC欠乏はエネルギーの産生不足を招き、慢性疲労症候群の原因のひとつになっているのである。

 

他にビタミンB群の欠乏や鉄欠乏やタン白質不足でも疲労は起こるから、総合的な栄養アプローチが必要だが、最近疲れてしょうがない、と言う方はビタミンCを多めに(下痢しなければ3gくらいは)摂っておかれると良いだろう。

 

カルニチン、というと、「ダイエット!」と連想する方は多いかもしれないが、ダイエットはカルニチンだけではダメです()。念のため。




2006年09月05日

雑誌ソトコトの付録についていた、坂本龍一センセイおすすめのエコバッグを使い始めました。


宣伝するつもりもないのですが、これが結構優れモノなのです。


丈夫だし、沢山入るし、持ち手の部分が太いので重いものを持っても疲れない。


買い物袋と言うよりも、荷物が増えた時にサブバッグとして使ったりしています。


ちょっとした風呂敷感覚?


でも肝心なお買い物の時に忘れてしまって、結局レジ袋に入れてもらったりしてしまうのですが(^ ^;



「ダケジャナイ、イジン!!」


帝人さんが作っています。


(カトリーヌちゃん可愛いですよね)



海亀が、好物のクラゲと間違えてビニール袋を飲み込み、詰まらせて死んでしまう、なんて話を聞くと、なるべく減らさなきゃ、と思います。

 

エコだロハスだ、なんていうとちょっと気恥ずかしい感じがして、エコ生活実践としてはまだまだです。


MY箸も、持たねば、と思いつつまだ持っていません。


できることからこつこつと…。





いいMY箸が欲しいな。


2006年09月02日

栄養療法を行う上で、重要な栄養素は数あるが、その中でも重要度の高いものがビタミンCだ。

 

ビタミンCは、食品の抗酸化剤としてさまざまな食品の添加物としても使われているし、化粧品やサプリメントとしてもよく利用されているので、私たちにとって最もなじみのあるビタミンと言えるだろう。

でもその知名度の割には、実態があまりよく知られていない栄養素No.1!かもしれない。

 

ビタミンC(一般名L-アスコルビン酸)1753年、James Lind(以下敬称略)というイギリスの海軍医により、壊血病を予防する因子として発見された。

後にハンガリーのAlbert Szent-GyorgyiがビタミンCの分離に成功し、1937年にノーベル生理医学賞を、また、化学構造の決定に成功した英国のHaworth、スイスのKarrerが同年にノーベル化学賞を受賞している。

 

しかし、ビタミンCの持つ還元作用、コラーゲン生成作用については明らかになったものの、その後の研究は1960年までほぼ停止状態だったらしい。

 

1960年代に入って、米国のIrwin Stoneが、「ヒトは遺伝的な低アスコルビン酸血症である」と述べ、ビタミンCをよりそれまで栄養学者が唱えていた量よりもはるかに多く摂取することで得られるメリットについて著した。

そしてそれが20世紀最大の科学者と言われるLinus C. Pauling(ライナス・ポーリング)を、ビタミンCの世界へと引き込んだのだ。

それは、アスコルビン酸というシンプルな化合物が持つミラクルな作用を、人類が広く知ることになる幕開けとも言えるものだった。

 

ビタミンCとは、γ-ラクトン環とエンジオール基を持つ化合物である。


 

 

ビタミンCの特徴である強い還元作用は、この構造から来ている。



 

 

線で囲んだ部分がエンジオール基で、この部分が水素供与体として働く。

この構造ゆえにOHH(水素)が引き抜かれやすいという特徴があり、電子を他の物質に与え、還元し(抗酸化)、自らは酸化される。


酸化されたビタミンCの電子はエンジオール基とラクトン環に広がって存在するため、ラジカルとしては安定し、連鎖的な酸化反応を引き起こすことはない。また、ビタミンCを再生する還元系は生体内に多数存在し、効率よく再利用される仕組みを持っている。


つまりビタミンCは、体内における水溶性の抗酸化成分として、非常に重要な役割を有している物質なのである。

 

ビタミンCの作用は、「抗酸化剤としての作用」と「水酸化酵素の補酵素としての作用」の二つに大別される。本質的にはこの両者はともに、ビタミンCの構造がもつ強力な還元作用に由来している。

 

 

ビタミンCについて述べる時、ライナス・ポーリング博士について述べないわけにはいかない。



Dr. Linus Pauling

 


ポーリング博士は分子生物学の基礎となっているタン白質の立体構造を解明した科学者であり、化学結合の研究でノーベル化学賞を、核廃絶運動でノーベル平和賞を受賞したという、ノーベル賞を二度受賞した歴史上ただ一人の人物である。

 

博士は医師ではなかったが、鎌状赤血球貧血が、ヘモグロビン分子の一本のポリペプチド鎖のアミノ酸のうちの、たった一個のアミノ酸の異常によって起きていることを解明したことでも知られている。


優れた化学者であり物理学者でもあったポーリング博士は、人体や疾患に対しても独特の鋭い視点を持っていた。

彼は多くの疾患を「分子の異常」として捉え、その分子の異常を改善することによって治療効果が得られると考えた。これが分子栄養学の始まりである。

 

彼はその晩年を、ビタミンCをはじめとする栄養素の“大量”投与(分子栄養学の立場からすると“至適量”の投与)により得られる、ガンの抑制、感染症の予防、免疫力増強、老化予防、心臓疾患の予防、白内障の予防などの様々な効果についての研究に費やし、膨大なデータを積み重ねていった。

 

しかし、天才ゆえに世間の一般常識より2歩も3歩も先を行っていたポーリング博士は、ほかに類を見ないほど偉大な科学者であったにもかかわらず、その先見性ゆえに、固定概念にとらわれた医学界からは受け入れられず、(不当に)糾弾され、爪はじきにされてしまった。

放射能が人体に及ぼす悪影響、化学療法による免疫力の低下など、今となっては常識とされていることも、博士が最初にそれらを提唱した時には、医学界の重鎮たちはこぞって否定し、博士に非難の雨アラレを降らせたのである。

 

博士の死後10年以上たった今、その業績は再評価されつつある。

 

ポーリング博士について書かれた文章を読むたびに、あまりにもすごすぎて、「この人は宇宙人だったんじゃないだろうか?」と思う私だが、ビタミンCはその博士をして、こういわしめたのである。



 

「エンジオール基が世界を救う」

 



と。

 

 

ビタミンCが有する様々な効果について、おいおい書いていきたいと思うが(こちらも見てね)、人体に有用な効果を発揮するために重要なのは、ビタミンCの「量」である。

 

かつての栄養学が目指してきた「欠乏症を防ぐ」という消極的な利用法を越えて、分子栄養学が目指しているのは、生体機能を高めるための「より進歩した」栄養素の利用法である。

至適量(従来の栄養学の所要量に比べると大量であるが、生体機能を高めるのに必要な量)のビタミンCを摂取することにより人体が浴する恩恵を理解することは、栄養療法を理解することに役立つと思う。




いやー、昨日の女子バレーのドミニカ戦は素晴らしかったですね。


今までは、競り合っても勝てない歯がゆさが強い印象があったけど、最後の最後、あの均衡を破って勝った時は感動しました。


しかし全日本女子、外国の選手に比べると、余計に線が細くて華奢に見えますね。


スタイルがよくて、可愛いくて、しかも強いなんてすごいなー。


つらい練習に耐えて、見えないところでいろいろな苦労を乗り越えているだろうに、コート上では笑顔。


全日本女子、確実に進化していってる気がします。


男子にもがんばって欲しいですね。。。 波





そして全然関係ないけど、最近気になるこのお方。


Mr.Marty Friedman


そう、マーティ!!


元メガデスのスーパーギタリスト。


最初に見たときは、このルックスで日本語ペラペラだから、びっくりしたなあ。


最近よくTVでお見かけしますが、いい味でてます。


昨日の英語でしゃべらナイトでマーティ氏は、日本人がなんでみんな英語をしゃべりたがるのか、外国に行きたがるのか、理解できない、とおっしゃってました。


日本には外国に負けない、とても素晴らしい文化があるのに!と。


外国から来た方にこう言われると、やっぱり嬉しいですよね~。


日本には謙譲の美徳という文化があるから、つい、いやいやそんな、などと言ってしまいがちだけど、外国の方にほめられたら謙遜せずに、


そうでしょぉ~?!


くらい、胸をはって言いたいものです キラキラ


« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。