«  2006年9月 2日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年8月26日 | メイン | 2006年9月 5日 »

2006年09月02日

栄養療法を行う上で、重要な栄養素は数あるが、その中でも重要度の高いものがビタミンCだ。

 

ビタミンCは、食品の抗酸化剤としてさまざまな食品の添加物としても使われているし、化粧品やサプリメントとしてもよく利用されているので、私たちにとって最もなじみのあるビタミンと言えるだろう。

でもその知名度の割には、実態があまりよく知られていない栄養素No.1!かもしれない。

 

ビタミンC(一般名L-アスコルビン酸)1753年、James Lind(以下敬称略)というイギリスの海軍医により、壊血病を予防する因子として発見された。

後にハンガリーのAlbert Szent-GyorgyiがビタミンCの分離に成功し、1937年にノーベル生理医学賞を、また、化学構造の決定に成功した英国のHaworth、スイスのKarrerが同年にノーベル化学賞を受賞している。

 

しかし、ビタミンCの持つ還元作用、コラーゲン生成作用については明らかになったものの、その後の研究は1960年までほぼ停止状態だったらしい。

 

1960年代に入って、米国のIrwin Stoneが、「ヒトは遺伝的な低アスコルビン酸血症である」と述べ、ビタミンCをよりそれまで栄養学者が唱えていた量よりもはるかに多く摂取することで得られるメリットについて著した。

そしてそれが20世紀最大の科学者と言われるLinus C. Pauling(ライナス・ポーリング)を、ビタミンCの世界へと引き込んだのだ。

それは、アスコルビン酸というシンプルな化合物が持つミラクルな作用を、人類が広く知ることになる幕開けとも言えるものだった。

 

ビタミンCとは、γ-ラクトン環とエンジオール基を持つ化合物である。


 

 

ビタミンCの特徴である強い還元作用は、この構造から来ている。



 

 

線で囲んだ部分がエンジオール基で、この部分が水素供与体として働く。

この構造ゆえにOHH(水素)が引き抜かれやすいという特徴があり、電子を他の物質に与え、還元し(抗酸化)、自らは酸化される。


酸化されたビタミンCの電子はエンジオール基とラクトン環に広がって存在するため、ラジカルとしては安定し、連鎖的な酸化反応を引き起こすことはない。また、ビタミンCを再生する還元系は生体内に多数存在し、効率よく再利用される仕組みを持っている。


つまりビタミンCは、体内における水溶性の抗酸化成分として、非常に重要な役割を有している物質なのである。

 

ビタミンCの作用は、「抗酸化剤としての作用」と「水酸化酵素の補酵素としての作用」の二つに大別される。本質的にはこの両者はともに、ビタミンCの構造がもつ強力な還元作用に由来している。

 

 

ビタミンCについて述べる時、ライナス・ポーリング博士について述べないわけにはいかない。



Dr. Linus Pauling

 


ポーリング博士は分子生物学の基礎となっているタン白質の立体構造を解明した科学者であり、化学結合の研究でノーベル化学賞を、核廃絶運動でノーベル平和賞を受賞したという、ノーベル賞を二度受賞した歴史上ただ一人の人物である。

 

博士は医師ではなかったが、鎌状赤血球貧血が、ヘモグロビン分子の一本のポリペプチド鎖のアミノ酸のうちの、たった一個のアミノ酸の異常によって起きていることを解明したことでも知られている。


優れた化学者であり物理学者でもあったポーリング博士は、人体や疾患に対しても独特の鋭い視点を持っていた。

彼は多くの疾患を「分子の異常」として捉え、その分子の異常を改善することによって治療効果が得られると考えた。これが分子栄養学の始まりである。

 

彼はその晩年を、ビタミンCをはじめとする栄養素の“大量”投与(分子栄養学の立場からすると“至適量”の投与)により得られる、ガンの抑制、感染症の予防、免疫力増強、老化予防、心臓疾患の予防、白内障の予防などの様々な効果についての研究に費やし、膨大なデータを積み重ねていった。

 

しかし、天才ゆえに世間の一般常識より2歩も3歩も先を行っていたポーリング博士は、ほかに類を見ないほど偉大な科学者であったにもかかわらず、その先見性ゆえに、固定概念にとらわれた医学界からは受け入れられず、(不当に)糾弾され、爪はじきにされてしまった。

放射能が人体に及ぼす悪影響、化学療法による免疫力の低下など、今となっては常識とされていることも、博士が最初にそれらを提唱した時には、医学界の重鎮たちはこぞって否定し、博士に非難の雨アラレを降らせたのである。

 

博士の死後10年以上たった今、その業績は再評価されつつある。

 

ポーリング博士について書かれた文章を読むたびに、あまりにもすごすぎて、「この人は宇宙人だったんじゃないだろうか?」と思う私だが、ビタミンCはその博士をして、こういわしめたのである。



 

「エンジオール基が世界を救う」

 



と。

 

 

ビタミンCが有する様々な効果について、おいおい書いていきたいと思うが(こちらも見てね)、人体に有用な効果を発揮するために重要なのは、ビタミンCの「量」である。

 

かつての栄養学が目指してきた「欠乏症を防ぐ」という消極的な利用法を越えて、分子栄養学が目指しているのは、生体機能を高めるための「より進歩した」栄養素の利用法である。

至適量(従来の栄養学の所要量に比べると大量であるが、生体機能を高めるのに必要な量)のビタミンCを摂取することにより人体が浴する恩恵を理解することは、栄養療法を理解することに役立つと思う。




いやー、昨日の女子バレーのドミニカ戦は素晴らしかったですね。


今までは、競り合っても勝てない歯がゆさが強い印象があったけど、最後の最後、あの均衡を破って勝った時は感動しました。


しかし全日本女子、外国の選手に比べると、余計に線が細くて華奢に見えますね。


スタイルがよくて、可愛いくて、しかも強いなんてすごいなー。


つらい練習に耐えて、見えないところでいろいろな苦労を乗り越えているだろうに、コート上では笑顔。


全日本女子、確実に進化していってる気がします。


男子にもがんばって欲しいですね。。。 波





そして全然関係ないけど、最近気になるこのお方。


Mr.Marty Friedman


そう、マーティ!!


元メガデスのスーパーギタリスト。


最初に見たときは、このルックスで日本語ペラペラだから、びっくりしたなあ。


最近よくTVでお見かけしますが、いい味でてます。


昨日の英語でしゃべらナイトでマーティ氏は、日本人がなんでみんな英語をしゃべりたがるのか、外国に行きたがるのか、理解できない、とおっしゃってました。


日本には外国に負けない、とても素晴らしい文化があるのに!と。


外国から来た方にこう言われると、やっぱり嬉しいですよね~。


日本には謙譲の美徳という文化があるから、つい、いやいやそんな、などと言ってしまいがちだけど、外国の方にほめられたら謙遜せずに、


そうでしょぉ~?!


くらい、胸をはって言いたいものです キラキラ


« 2006年8月26日 | メイン | 2006年9月 5日 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。