«  2006年9月21日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年9月17日 | メイン | 2006年9月24日 »

2006年09月21日

ただいま発売中の実業之日本社「ボディ・プラス」11月号で、骨粗鬆症について話をしています。



「カラダの学校」というシリーズで、今回のタイトルは「今こそ”丈夫な骨”の育てどき!芯からキレイな女を目指せ」というものです。


女性に圧倒的に多い病気、骨粗鬆症。

最初のうちは自覚症状はほとんどないので、相当進行したり骨折しなければ気が付かないことも多いです。


特に現代の若い女性の食生活の悪さは、将来の骨粗鬆症を起こす大きな原因なのです。


一般的には、一度骨粗鬆症になってしまった場合、治癒は非常に難しいとされています。

 

しかし、実はそんなことはないのです。

 

分子栄養学に基づく栄養療法で、骨密度は増加させることが可能です。

 

骨の材料は、当たり前ですが、栄養です。


カルシウムだけ摂っても、残念ながら丈夫な骨は作られません。タン白質や各種ビタミン・ミネラル等の総合的な栄養アプローチを行ってはじめて、骨密度を上げることができるのです。


もちろん、予防としては、肉や魚、大豆、乳製品などのタン白質やカルシウムが豊富な食材を使って食事をきちんとすること、そして運動が基本です。

« 2006年9月17日 | メイン | 2006年9月24日 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。