«  2006年11月17日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2006年11月 9日 | メイン | 2006年11月19日 »

2006年11月17日

ご無沙汰です。


今日は栄養ネタではありません。


私も産婦人科医の端くれとして、最近の悲しい周産期医療の事情については憂いています。


最近、「パンダの寓話」というのがネット上で話題らしいのです。


私は、むーみん先生のところで知りました。


むーみん先生は、中間管理職先生のところでお知りになったそうです。


先日、個人で大きな産婦人科医院をやっている先輩のところへ電話をしたら、夜10時だというのに「これからエクトピー(子宮外妊娠)のオペだ」と。。


3年間で1日くらいしか休んだことがないみたいです。


この先生ほどではないですが、私が大学病院に勤めていた時も、本当にきつかったです。


(大学勤務の産婦人科医の激務ぶりについてはBermuda先生のブログをご参照あれ)


私はそんな産婦人科医療がイヤだったのではなく(いや、正直体力的にキツイのはイヤではありましたが)、本当に自分がやりたい医療をやりたかったので、開業して栄養療法なんていう代替医療をやっている風変わりな医者であるわけですが、産婦人科医という仕事がものすごくやり甲斐のある仕事であることは間違いありません。


産婦人科医と言うのは、好きでなければ務まらないと思います。


私は妊婦さんと接するのが好きです。


お腹の中の赤ちゃんを想像すると、生命の神秘を感じざるを得ませんし、とても楽しいのです。


でも、楽しいだけではやっていけないのも産婦人科医です(医者は全部そうですが…)。


いくら好きでも、昼もなく夜もなく馬車馬のように働かなければいけないのだとすれば、そして一生懸命手を尽くしても、治療が悪い結果に終ったら逮捕されてしまうのであれば、一体誰が産婦人科医のなり手になるのでしょう?


産婦人科医が激減して、ハイリスクな患者様は診ないような状態になったら、一番困るのは患者様です。

 

アメリカでは、産婦人科医はインド系の方が増えているそうです。

 

それが悪いわけではもちろんありませんが、日本でも将来はそうなっていくのでしょうか?

 

「ベストな環境を望む」とまではいかなくても、もう少し労働環境を整えて、また、どうしてもある一定の割合で起こってしまう、「ベストな治療を行っても発生してしまう悲しい結末」を、損害賠償でなく国が保障する制度ができて、医療をする側も必要以上に保身に回ることなく、安心して診療に専念できるような、そんな環境があれば。。。


そんなことを望むのは、贅沢なのでしょうか…?

« 2006年11月 9日 | メイン | 2006年11月19日 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。