«  2007年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年02月28日

低血糖症の続きです。


機能性低血糖症(以下、低血糖症)は、血糖値が低い状態が続いたり、急激に血糖値が低下するなど、常にある一定の範囲内にコントロールされているべき血糖値のコントロールがうまくいかなくなる状態です。


その結果、ホルモン分泌や自律神経のコントロールの乱れを引き起こし、様々な自律神経失調症状・精神症状などが起こります。
(初めての方は低血糖症の恐怖1よりお読みください)


前回は、低血糖症になりやすい食生活、すなわち精製された糖質が多い食生活は、ビタミンB群を消耗し、欠乏を引き起こすということについて書きました。


ビタミンB群の重要な働きのひとつは、「エネルギーを作る」ということですが、それ以外にもビタミンB群は人体においてとても多くの重要な働きをしています。


それぞれのビタミンBについて書いていくと栄養学の教科書みたいになってしまうので、全部まとめてビタミンB群の働きを、かなーり簡単に説明すると、


・ エネルギーを作る
・ 体を作る・成長・発育・うまく働かせる
・ 精神・神経症状を防ぐ
・ 皮膚・粘膜の健康を維持する
・ 薬物代謝・糖質・脂質・タン白質などの代謝
・ 肝臓・副腎皮質・神経・脳・ホルモン・免疫などの働き


などに関係します。


全身どこにでも関係するわけですが、やはり最近注目すべきは、精神・神経・脳に及ぼす影響だと思います。


低血糖症では、アドレナリン・ノルアドレナリンなどの「攻撃ホルモン」が分泌されるため、キレやすい、怒りっぽい、イライラする、または抑うつ症状、不安、パニック発作など、様々な精神的な症状が起こりますが、ビタミンB群の欠乏でもそれらのような症状が起こりうるのです。


ビタミンB群は「神経ビタミン」と呼ばれ、神経の働きに重要です。


特にB1が重要で、B1の欠乏だけでも、協調性を低下させ、道徳性を低下させると言われています。

なので、B1(チアミン)は「道徳ビタミン」とも言われているほどです。


食事の崩壊により、日本人に多くの行動的・社会的問題が起きていることを指摘し、食事・栄養を見直す啓蒙活動を行っていらっしゃる大沢博先生の本「その食事では悪くなる―食事崩壊と脳への影響」の中で、アメリカのメイヨー・クリニックが行ったB1欠乏食の実験について書いてありますので、引用します。
(*本当は直接文献を読んでご紹介すべきですが、私はまだこの文献を読んでいません。不勉強ですみません。時間がないので取り急ぎ引用させていただきます)


「B1欠乏が神経症状を起こすことは、米国のメイヨー・クリニックの実験で確かめられている。実験志願者の全員が3ヶ月以内に、興奮しやすい、うつ、ケンカしやすい、非協力的、不幸が迫るという感じになった。そのうちの二人は騒ぎ立て、もう生きていてもしょうがないと感じて、自殺のおそれさえ感じられた。21週までに彼らはひどい頭痛、吐き気、それに嘔吐が起きたので、実験は中止された。チアミンが補助食品として加えられたら、2~3日で快活になり、疲れもなくなったという」


また、以前ご紹介した心理犯罪学者のA.G.シャウス氏著、大沢博先生訳の「栄養と犯罪行動」の中では、ビタミンB群が行動・学習に及ぼす欠乏効果について以下のように書かれています。


B1 : 疲労、記憶障害、精神的混乱、行動障害、興奮しやすい、衝動性、よく眠れない
B2 : 幼児の脳の成長を妨げる、行動問題
B3 : うつ、神経過敏、短期記憶の障害
B6 : 興奮しやすい、疲労、集中力の乏しさ、気分の動揺、よく眠れない
葉酸 : アパシー(無気力・無感動)、幼児の発達遅延、記憶障害、興奮しやすい、引っ込み思案、全ての知的過程の遅れ、うつ、幼児における脳の成長の遅れと麻痺


このように、ビタミンB群欠乏は、様々な精神的な症状、行動の変化を引き起こします。

昔から栄養学の世界では、

B足りんは脳足りん

と言われているくらい、ビタミンB群は脳や頭の働きに大切な物質なのです。


精製された糖質の多い食事では、ビタミンB群は欠乏し、単純な糖質を代謝するためにビタミンB群は欠乏には拍車がかかります。
それが長期間続くとなると、必然的にこのような状態になり、そこに攻撃ホルモンの分泌や他の栄養素の欠乏などが重なると、さらに事態は悪化してしまうと考えられます。


それだけでなく、ビタミンB群の重要な働きとして、「タン白質を合成する」というのも大事な働きです。


私達が食べたタン白質は、全部いったんアミノ酸に分解されて、必要に応じて私達にとって必要なタン白質に作りかえられます。そのためにはビタミンB6が必要なのです。
ですので、皮膚疾患などにも必要ですし、実はこの意味でも精神疾患にも必要なのです。
なぜなら神経伝達物質(セロトニンなど)をきちんと作るためには、ビタミンB6が必要だからです。
タンパク質合成に必要なわけですから、体がきちんと作られてうまく働くためにはビタミンB群は必須です。
このため栄養療法においては、どんな病態にも必ずと言っていい程ビタミンB群を使うのです。


また、精神疾患といえばB3(ナイアシン)も大切ですね。
統合失調症やうつ病やパニック障害などのいわゆる精神疾患にも、ナイアシンを中心としたビタミンB群の至適量の投与が必須となります。


このように、とても大事で、なのに非常に陥りやすいビタミンB群の欠乏にさらに輪をかけるのが、「精製された糖質の過剰摂取」なのです。
それらは、低血糖症の症状を修飾し、さらに悪循環にはまっていく…、というわけです。


いったん強い欠乏が起きてしまったら、欠乏による病態が形作られてしまったら、それを改善するには当然それを補充しなくてはなりません。


栄養療法的にはどのくらいの量を用いるかと言うと、栄養所要量の1mg程度の話ではなく、100~300mg、病態によっては(神経炎など)1000mgも必要とする場合があります。


話が治療のほうに少しそれてしまいますが、これはもちろん食事からは到底まかないきれない量であり、サプリメント(治療用の)を摂る必要性が出てきます。
ビタミンB1を50mg、食べ物から摂ろうと思ったら、豚のモモ肉だったら4kg、100g入りの納豆だったら700パック、タマゴだったら1250個食べないと摂れませんので、食事だけでは残念ながら無理なのです。


しかしもちろん食事が大切なのは言うまでもありません。
食事からビタミンB群を摂るためには、まず精製していない穀物、すなわち玄米や全粒粉のパンなどを食べること、肉・魚・貝類などの動物性食品新鮮な野菜やくだものなどを、なるべく加工していない形で食べることです。
むろん、砂糖や甘いものは控え、白米や白パンなども少なくしたほうが良いのは言うまでもありません。

低血糖症の方は特に、精製された糖質をやめること自体が治療の軸のひとつになってきます。

2007年02月26日

ちょっと間があいてしまいましたが、低血糖症の続きです。


機能性低血糖症(以下、低血糖症)は、血糖値が低い状態が続いたり、急激に血糖値が低下するなど、常にある一定の範囲内にコントロールされているべき血糖値のコントロールがうまくいかなくなる状態です。


その結果、ホルモン分泌や自律神経のコントロールの乱れを引き起こし、様々な自律神経失調症状・精神症状などが起こります。
(初めての方は低血糖症の恐怖1よりお読みください)


前回は、低血糖症と同時に起こりうる栄養欠乏について書きました。


低血糖症と栄養欠乏は、切っても切り離せない関係です。
低血糖症になりやすい食生活は、すなわち栄養欠乏に陥りやすい食生活でもあります。
栄養欠乏が存在しない低血糖症はないのです。


低血糖症の症状は、低血糖そのものによる症状低血糖により分泌されるホルモンによる症状、そして栄養欠乏による症状が、渾然一体となって起こります。
そしてその治療には、そもそも低血糖を引き起こす原因である単純な糖質を制限することとともに、欠乏した栄養素の補給が必要になります。
それが、狂ってしまった糖代謝を改善し、症状を改善することにつながるのです。


低血糖症を起こしやすい食生活とは、すなわち糖質に偏った食生活です。
そのような食生活は、健康な体を維持するために必要な栄養素が不足するだけではなく、ある栄養素を消耗してしまい、強い欠乏状態を引き起こしてしまいます。
その栄養素が、ビタミンB群です。


低血糖症の治療では様々な栄養素の補給が必要になりますが、中でも重要だと考えられる栄養素の一つが、ビタミンB群なのです。


ビタミンB群は、糖分をはじめ、食べた栄養素をエネルギーに変えるために必須の物質です。


グルコース(脂肪酸・アミノ酸なども)は細胞内に入るとまずピルビン酸に変化し、細胞内のミトコンドリアに入ってアセチルCoAとなり、「クエン酸回路(TCA回路、クレブス回路)」に入ってさらに様々な代謝を受け、その過程で「エネルギーの缶づめ」と言われるATPを産生します。私たちはこのATPをエネルギーとして利用して生きています。
この過程で必ず必要になるのがビタミンB群なのです。


現代の食物のビタミンB群の含有量は低下していますし、ビタミンB群はとても壊れやすいので、精製した食品や加工食品ではその多くが抜け落ちてしまっています。
そのため現代人はただでさえビタミンB群が不足しているのですが(必要栄養所要量のレベルすらもとれていないと言われています)、そこでさらに糖分の摂取が過剰になると、それをエネルギーに変えるためにビタミンB群をさらに消費しなければならなくなります。
お菓子、砂糖、コーラなどの清涼飲料水やカップ麺などの加工食品、白米や白パンなどの精製された糖質が多い場合、食事から摂取できるビタミンB群よりも、体が必要とする量のほうが上回ってしまい、ビタミンB群の欠乏状態に陥ってしまうのです。


ビタミンB群にはB1・B2・B3(ナイアシン)・B6・B12・葉酸・パントテン酸・ビオチンがありますが、全て協調しあって働いています。
糖質代謝で重要な働きをするのは主にビタミンB1ですが、8種類あるビタミンB群はすべてお互い助け合って働くため、どれが欠けてもエネルギー産生はうまくいきません。


エネルギーがうまく産生されないということは、簡単に言うと“疲れやすい”ということです。

低血糖症の人が疲れやすいのは、血糖値が低いために糖からエネルギーを作りにくい(そのため脂肪酸を燃やしたり、アミノ酸を糖に変えたりと、余計な手間と栄養素が必要になる)ことと、ビタミンB群の欠乏のために、エネルギーをうまく作ることが困難になるというのが大きな理由です。


特に低血糖症は「ビタミン依存の体質」と呼ばれ、そうでない人に比べると大量の栄養素を必要とします。特に、ビタミンB群の量が必要なのです。


もちろん低血糖症でなくてもビタミンB不足では慢性疲労、易疲労を起こす原因となります。


これ以外にもビタミンB群は私達にとってとても重要な栄養素なのですが、それについてはまた次回にします。

 

2007年02月22日


放置しすぎですみません。


ちょっと気合が不足しています。。



以前取り上げたNHKの番組の本が出ていました。





好きなものだけ食べたい!と言う子ども達が増えているそうです。

何故好きなものだけ食べていてはいけないのか、子どもにちゃんと教えられますか?
それを知るにはとても良い本です。

お肉が悪く書かれているのはいただけませんが…。


この本に載っている聖徳大学発達臨床心理学教授の室田洋子先生の調査で、印象深いものがありました。


KFD(kinetic family drawings:動的家族画)という心理検査があるそうです。

「家族内の人間関係、コミュニケーションの質的な内容を調べる」ために考えられたものだそうです。

これを特に「家族が食事をしている絵」を描くということでコミュニケーションの質を捉えようとしています。


描かれた絵は以下のように判別されます。


「人間関係貧困型」

「意欲希薄型」

「強制感型」

「辺縁位型」

「人物包囲型」

「攻撃・脅迫型」

「人物下線型」

「コミュニケーション充実型」


最後の「コミュニケーション充実型」というのは、「家族のみんながいて賑やかにしゃべりながら食事をしている様子を描いている」タイプの絵だそうです。

小学4、5、6年生を対象にした調査で、この「コミュニケーション充実型」は1995年には46.7%だったのが、2005年には19.7%に減少していたそうです。

それに対して「人間関係貧困型」は、20.4%から40.3%に増加したそうです。


また、表現様式には4つのタイプがあることがわかったようで、中でも萎縮感を表す「構図・人物の萎縮タイプ」や、評価を気にする(自信がない)「消し書き・弱い筆圧タイプ」が増えているそうです。


そんな子ども達の絵を見ながら、涙が出そうになってしまいました。


「何を食べるか」もとても大事ですが、「誰と、どのように食べるか」も、とても大事なのです。


「家族で囲む食卓」をもっと大事にしなくてはいけない、と思います。


この人の存在自体が奇跡だと思う。


インドネシア出身のパフォーミングアーティスト


Melati Suryodarmo

 





Butterdance-1.jpg

Butter Dance






最初のうちは笑って観ていたけど、しまいには泣けてきた。


日本にはまだ来たことがないみたい。


来たら皆さん要チェックです。









Melati Suryodarmo

2007年02月12日

なかなか更新できなくてすみません。



前回花粉症の話で、粘膜を丈夫にする必要性について書きました。


花粉症と言うと、粘膜の病気としてイメージしやすいと思いますが、人体には他にもいろいろな粘膜があります。


消化管はその代表的なものですが、実は女性にとって、地味ではありますが(目には見えないので)非常に重要なのが、子宮内膜です。



子宮内膜と言うのは、ご存知の通り子宮の内張りの膜のことで、そもそも赤ちゃんのベッドになるところです。


排卵に伴うホルモンの変動により、ほぼ毎月子宮内膜はふっくらと厚くなって、赤ちゃんを迎え入れる準備をします。


妊娠しなかった場合はいらなくなるので、毎月剥がれて血液と一緒に子宮の外に出て行きます。


これが月経です。


赤ちゃんを迎える(妊娠する)ためにはふかふかした気持ちいいベッドでなくてはならないので、言うなれば毎月シーツ交換しているようなものです。


このベッド(シーツ)の状態が、実は栄養状態によって非常に左右されるのです



子宮内膜の状態が良くないと困ることはいろいろあります。


一つは、着床と言って、受精卵(赤ちゃんになる細胞)が子宮内膜にきちんとくっつくかどうか、ということ。


原因不明の不妊症の場合、子宮内膜の状態がよくないことが原因の一つとして考えられます。



そして実は毎月の月経血の量にも関係してきます。


一昔前に比べると現代女性の月経血量は30gほど増えているそうですが、それは栄養状態の悪化によるものであると言う考え方があります。


生理痛(月経困難症)子宮内膜症などの原因とも考えることもできます。



粘膜のために大切な栄養素はいろいろありますが、鉄・ビタミンA・亜鉛・タン白質・ビタミンC・ビタミンB群などは特に大切だと考えられます。


現代人のの摂取量は昭和50年を境に激減しているのですが、鉄はコラーゲンを作るために必須であるため、鉄欠乏では子宮内膜に限らず、粘膜の萎縮や機能低下を引き起こすと考えられます。

(私のクリニックにいらっしゃる患者様で、月経のある女性のほとんどは鉄欠乏です)


また、ビタミンAも粘膜を健やかに保つために非常に重要です。

ビタミンAの不足では、ポリープができやすい(子宮・消化管などで)など、粘膜の病変が起きることが知られていますし、上皮性(粘膜など)の悪性腫瘍なども関連が深いと言われています。

また、子宮膣部異形成(子宮の前がん状態)などはビタミンAの大量投与で改善することが知られています。


亜鉛も細胞分裂に必須のミネラルであるため、皮膚や粘膜の健康には大きく関わっています。


また、コラーゲンと言えばビタミンCも非常に重要ですね。


もちろん粘膜そのものの材料としてのタン白質もとても重要です。


もちろんビタミンBビタミンEもとても大切です。



鉄にしろ亜鉛にしろ、ある栄養素が一度欠乏状態に陥ってしまうと、食事からそれらの欠乏を補うほどの栄養素を摂ることはまず不可能なので(ほうれん草108gには鉄が4mg含まれていますが、その吸収率は1.5%しかありません…)、栄養欠乏による病態を改善する「治療」と言う目的のためには栄養療法が必須と言えます。


しかしご自分でできることとして、普段の食事から気をつける簡単な方法は、


動物性タン白質をしっかり食べる


と言うことです。


簡単に言うと、「肉を食え!!と言うわけです(笑)。


タン白質・ビタミンA・亜鉛を同時に摂るのに最も良い食材は、動物性タン白質です。(くわしくはこちら


残念ながらヴェジタリアンではこれらの欠乏状態に陥る可能性が非常に高いのです。



動物性食品は体に悪い、というイメージがおありなら、それはばっさりと捨てていただきたいと思います。


それより余程体によくないのは、お菓子や砂糖をはじめとする精製された糖質・炭水化物である、と言うことを肝に銘じていただきたいと思います。

(このブログをよく読んでくださっている皆様はもうご存知ですよね… ひらめき電球




こんなお肉は食べなくてもね…

2007年02月06日

そろそろ花粉症の季節ですね。


花粉症はアレルギー性疾患の一つですが、アレルギー対策で大切なポイントのひとつが、粘膜を丈夫にすることにあります。


鼻や胃腸の粘膜は、人体と外界を分けるまさにバリアであり、免疫反応の最初の関所として重要です。


粘膜を丈夫にするために重要なことは、ビタミンAタン白質です。


栄養療法では、粘膜や皮膚のトラブルがある場合、粘膜を健やかに保つ目的でビタミンAを使います。


ビタミンAは「細胞の分化(未熟な細胞がそれぞれの機能を持った成熟した細胞に分かれていくこと)」に関わっています。


丈夫な皮膚や粘膜をはじめ、血液・骨・肝細胞なども、それぞれの組織がきちんと作られるためにはビタミンAが非常に重要なのです。

(なのでビタミンAは、皮膚疾患・胃腸疾患・がん・慢性炎症性疾患・白血病・肝臓病・骨粗鬆症などの治療にも非常に重要です)


ビタミンAにより粘膜を健康に保つ=粘膜でのバリア機能を維持する、というわけです。


また、鼻の粘膜(腸などもそうですが)を覆う粘液を産生するためには、ビタミンAが必要となります。


もちろん、粘膜はタン白質でできているため、タン白質をしっかりとることがとても重要です。


また粘膜のコラーゲンをきちんと作るためにはタン白質ビタミンC必要です。


鉄欠乏では粘膜が弱くなるため、感染やアレルギーを起こしやすくなりますので、注意が必要です。


花粉症の方や風邪を引きやすい方は、粘膜の機能が落ちている可能性が高いです。


そういう場合はまず栄養欠乏を疑って、動物性蛋白を含めて食事をしっかり摂る、サプリメントを利用する、などの対策をとることをおすすめします。

2007年02月02日


10代の頃のダイエットがきっかけで摂食障害になり、10年以上過食と嘔吐を繰り返してこられた31歳の女性患者様の経過です。


(主訴)


過食と嘔吐(週2~4回)

月経前のイライラ・むくみ・過食が悪化する

だるい

疲れやすい

便秘

冷えのぼせ

頭痛

肩こり



血液データにて


・タン白質不足

・鉄欠乏

・亜鉛欠乏

・ビタミンB不足

・カルシウム不足


などの所見を認めました。


栄養療法を3ヶ月行っていただいたところ、2回目の採血データでは素晴らしい栄養状態の改善が見られました。

そしてそれとともに過食嘔吐はすっかりなくなり、様々な自覚症状も改善を認めました。


2回目のカウンセリング時に、患者様がご自分に起きた心境の変化を教えてくださいました。



・精神的に落ち着いてきて、普通の食事を摂っている。


・吐かなくなったことにより体重は多少増えているが、それを受け入れることができている。


・運動不足なので、食べても運動すればいいと思える。


・匂いに敏感になった。


・自分に必要な食べものが欲しいと思えるようになった。


・味覚も変わってきて、シンプルな味付け、例えば調味料の「さしすせそ」(砂糖・塩・酢・しょう油・味噌)で充分に感じる。


・外食をしたくなくなり、自分で料理をして食べている。


・食べる楽しみがでてきた。


・PMSの症状も減ってきた。


・イライラしたら外へ出て発散しよう!と考えるようになった。


・鏡を見るのが楽しくなった(肌がきれいになった)。


・人と比べないようになった。自尊心を養おうとするようになった。




患者様の口から出てくる言葉の数々があまりにも素晴らしくて、感動せざるを得ませんでした。


摂食障害、特に過食症の患者様は、自信のなさ、自分を卑下する気持ちが強い方が多く、つらい思いをなさっている方が多いです。

この患者様は治療中、自己啓発関係の本なども読まれ、ご自分の内面を見つめようと努力なさったようです。


そして、過食嘔吐という症状が軽快することともに、ご自分への自信や誇りなどを取り戻していらっしゃるのだと思うのです。


これは、栄養療法の成果と言うだけではなく、患者様ご本人の持つ素晴らしさだと思います。



私のクリニックは摂食障害専門というわけではなく、一般的に摂食障害の治療の中心となっている心理療法や行動療法などは一切行っていません。


しかし栄養療法によって長年の摂食障害が改善される患者様が多くいらっしゃると言う事実は、摂食障害の原因のひとつが、栄養欠乏によりもたらされる脳内の生化学環境の破綻にある、と言うことを示しています。


心理的なアプローチだけでは改善しにくい例が多いことも、それを裏付ける要素の一つであると思います。


その一方で、患者様が強いストレス下に置かれている場合(特に家族間の問題など)や患者様自身の性格的な要因など、心理的要因の関与が大きい場合は、栄養療法だけでは顕著な改善が得られない場合があることも事実です。


その場合は包括的な対処が必要になることは言うまでもありません。



なかなか困難なこともありますが、このように人の素晴らしさ、治ることの喜びに触れさせていただくたびに、やっていてよかった、と思うと同時に、もっと頑張らなくては、と思うのです。


« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。