«  2007年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年05月30日


かのように見えましたが、そうではなかったようで安心しました。




周産期医学  2007年5月号 周産期から見た食育



去年の日本産科婦人科学会総会で、「妊娠と栄養」というシンポジウムが開かれたことは以前のエントリで書きましたが、飽きっぽい(?)日本人である私達のこと、またなかなか臨床で指導しにくい分野だけに、一時のムーブメントで終ってしまわないかと心配でした。


母体の栄養状態が生まれる赤ちゃんの将来の健康を左右するという「Barker仮説」から始まった、DOHaD(Developmental Origins of Health and Disease)という概念は、現実のものとして私達現代人の未来を揺さぶっていると思います。



・母体の低栄養(やせ)は低出生体重児を増加させる

・低出生体重は将来の児の、肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病を引き起こすリスクファクターである

・胎児乳児期に形成された素因は第3世代(孫の代)まで影響を及ぼす

・母体低蛋白栄養は児の高血圧の発症機序である



簡単にまとめるとこんな感じです。


母体低栄養は児の脳の発育にも悪影響を及ぼすので、学習能力や情緒や行動などにも影響が起きるでしょう。

運動能力ややる気などにも影響してくるでしょう。



果たしてこのような問題を、由々しき事態だとして捉えている医療関係者はどのくらいいるのでしょうか?


また、政治家の方々は国の将来を左右する問題だと認識しておられるのでしょうか?


若い女性に食育を行おう…。しかし、一体誰がその舵を取るのでしょうか?



国の方針で医療費が削減されようとしている中、産科医は日々の激務の中でとてもではないけれど妊婦に食事の指導などしてられません。


助産師の存在はこういう時に力になると思いますが、それでもマンパワーがそこまで回せるという環境は限られているでしょう。



私は、微力ながら自分の関わる妊娠可能年齢の女性や、妊婦さんには栄養の大切さを啓蒙しているつもりですが、微々たるものだと痛感しています。



国として日本の将来がよりよくなるように、政治家の方々には真剣に政治に取り組んでいただきたい…、しかしそれを待っているのでは遅すぎるので、私たちが賢くなるしかありません。



2007年05月28日

私のクリニックには多種多様な「具合が悪い」患者様がいらっしゃいます。


普通の病院へ行って検査を受けても「異常ナシ」と言われ、大抵は対症療法の薬などを処方されますが、効果がないことが多く、何軒も病院のハシゴをして「病院ジプシー」になってしまっている方も多いです。


そういった方の血液データを拝見すると栄養欠乏はほぼ必発であり、お困りの症状の多くが栄養欠乏の症状に当てはまることを説明すると、多くの方が驚かれます。
(このデータから栄養欠乏を読み取るという方法が、分子整合栄養医学独特のものなのです)


そして栄養療法を行い、栄養欠乏が改善していくと、かなりの方が改善されます(効果には個人差がありますが)。


それほど、栄養状態と健康状態は関連が深いものなのですが、一般的に認識されていないのが現状です。



さて、そのような栄養欠乏にはいくつかのパターンがありますが、最近立て続けにみられたのが、「かなりの血液濃縮」がある、というパターンです。



・精神症状(情緒不安定、イライラ、うつ、やる気が起きない、人と付き合うのが面倒、etc)
・だるい
・朝起きられない
・異常に疲れる
・冷え性
・むくみ
・etc…



これらのような症状があり、とにかく何をするにもおっくう、と言った感じの患者様が多いのですが、このような患者様の中には、採血をさせていただくと採血用の真空管に血液が入っていく速度が異様に遅いことがあり、「ん?」と思うことがあります。


医学的な言い方ではないのですが、いかにも

血液ドロドロ!

という感じなのです。


で、後で楽しみに(失礼!)血液データを見てみると、総蛋白の上昇(基準値を超えた)、赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリットの上昇、尿比重の上昇などが見られ、「ものすごく血液が濃い」ことがわかるのです。

 

極端にこのような異常値がみられれば、血液濃縮があることは医師であればわかると思いますが、患者さんは別に脱水状態になるような嘔吐や下痢などを起こしているわけでもなく、水分も普通に摂っていて、血液濃縮になる理由がないため、原因がわからない、ということになりますし、体調が悪い理由と血液濃縮を結びつけて考えることもおそらくないと思われますので、対処の方法がないことになります。


実は、このような状態になる理由は、タン白質の摂取量が非常に不足していることによるのです。

 

以前の記事にもありますが、タン白質(特にアルブミン)は血液の濃さを調節しています。
アルブミンは血液中に水を保持するスポンジの役割をしているので、血液中にアルブミンが充分あれば血液中の水分量が多く保てるため、血液は理想的な濃度(濃すぎず、薄すぎず)を保つことができます。


しかし、タン白質不足(摂取不足や需要亢進によるタン白質の消費)などにより、アルブミンが減少すると、血液中の水分量が減少するため、血液が濃くなるのです。


血液が濃くなると言うことは、それだけでも血行不良の原因となり、酸素や栄養素が末端の細胞まで届きにくくなるため、色々な症状が起こりますし、循環血漿量が減少しているため低血圧や易疲労、冷え性、むくみなどの原因となります。


これを改善するためには、まずタン白質を摂取すべし、ということになるのですが、タン白質の多い食材というともちろん、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品です。


中でも、私達ヒトがもっとも効率よくタン白質を利用できるのは、動物性タン白質です。


一般的には血液ドロドロというと、お肉や卵は控えよう!!となるのが普通ですが、その逆で、むしろ積極的に食べたほうが良い…という話になるのです。


もちろん血液ドロドロにも色々なドロドロがあって(笑)、この場合はタン白質不足によるドロドロですが、中性脂肪などが高い場合のドロドロもあります(いわゆるメタボです!)。


この場合も、動物性タン白質を控えるのではなく(脂肪分は摂り過ぎないほうが良いですが)、むしろ体内で最も脂肪に変わる物質、すなわち

糖分(炭水化物)を控えなさい!!

ということになります。


ちなみにデータが基準値内で一見全く問題なく見える場合でも、タン白質不足がある場合には血液濃縮はほとんどあると言えます。


いわゆる「常識」とされている健康情報には多くの点で誤りがある…、ということがお分かりいただけることと思います。



2007年05月24日


今日は久々に音楽ネタです。

akikoちゃんのブラジル録音のNew Disc。



 


akikoちゃんらしいクールなブラジリアン・サウンド。


クールだけど密かなグルーヴ感があって地味にノレます。


何をやってもakikoちゃんはakikoちゃんですね。


”楽しんでやってる感”が伝わってきていい感じです。


これから夏にかけてばっちりはまりそうな気配。


akikoちゃんのヴォーカルには文句をつけるところはないのだけど、欲を言えば、もう少しだらしない感じが出るとさらに素敵だと思う(偉そうですみません)。




関係ないけど、ロン・カーターとクリスタル・ケイちゃんが出ているタリーズの宣伝は渋いですね~~。


めっちゃ格好いいと思いました。


(関東限定みたいなのでわからない方すみません)


砂糖が入っているので私は飲みませんけど…(伊藤園さんごめんなさ~い)。

 


2007年05月21日




江崎 ひろこ
顔つぶれても輝いて―ステロイド軟膏禍訴訟6年の記録

ステロイド皮膚症の日本初の医療裁判の手記だそうです。


争われた内容に関してはわかりにくい部分も多いのでコメントが難しいですが、著者の精神力の強さに感嘆します。


また、本の内容をそのまま受取るとすれば、医者仲間であっても、「これはないよなあ~…」と思ってしまうような医師のあり方に嘆息します。



アトピー性皮膚炎は、難しい。


治療の困難さということもさることながら、現代西洋医学において常識とされている治療と、患者側の求めるものとの間にある「彼我の断絶」を象徴している病気、という気がしてならない。


アトピー性皮膚炎は複雑な病気だと思う。
原因が多岐に渡っているだけあって個人差も大きいし、一筋縄には行かない。


一般的な皮膚科的な立場からしたら、「ステロイドを塗ればよい」のだから、単純な話かもしれないのだが、本当にただ「ステロイドを塗ればよい」だけなのだろうか?と、皮膚科の専門医でもない私は素朴に疑問に思う。


ステロイドはとても素晴らしい薬である。
ステロイドによって、沢山の患者さんが(アトピーに限らず)恩恵を受けてきたことは確かだろう。
しかし、薬とは基本的に体にとっては毒物である。
薬の切れ味がよければよいほど、副作用の心配をする必要がある。


もちろん、そんなことは使う医師も分かっていて、どんな薬であってもそのメリットとデメリットを天秤にかけてメリットが勝っている場合にのみ薬を使うというのが投薬の基本なわけだけれど、アトピー性皮膚炎における「即効で症状が良くなる」という表面的(と私は思う)な魅力のために、根本的な治療があまりにもないがしろにされているのではないだろうか。


「根本治療」という言葉もまたいろいろな意味合いを持つけれど、ステロイドが根本治療でないことだけは確かである。




2007年05月16日

先日要約を載せました、2例のステージⅢCの進行した卵巣がん患者に、術後の化学療法に併用して、いわゆる「大量(メガドーズ)」と呼ばれる量の抗酸化物質(私たち分子栄養学を行う者はメガドーズとは言わず「至適量(オプティマムドーズ)」と呼びますが)の摂取と、高濃度のビタミンCの点滴投与を行った、カンザス大学によるケースリポートです。



詳しくは本文をお読みいただきたいのですが、ポイントは、



①通常、進行卵巣がんは予後不良(5年生存率:Ⅲ期37.45%、Ⅳ期25.47%)である。


②両者とも化学療法に先立って手術が行われ、optimally(最大残存腫瘍経が1cm以下)に腫瘍の摘出(腫瘍減量)術が行われた。


③両者とも化学療法(卵巣がんの標準治療であるTJ療法)に先立って経口の抗酸化物質(ビタミンA・C・E・CoQ10)の摂取をはじめた。


④症例1は6サイクルの術後化学療法の最後から週2回高濃度(1回60g)ビタミンCの点滴による投与を開始。
その後6サイクルの維持化学療法(パクリタキセルのみ)をビタミンC点滴を併用しながら受け、その後1年間は週2回、以降は10日~2週間に1回のペースでビタミンC点滴を継続して受けている。


⑤症例2は、術後に呼吸不全など危機的な状況に陥り、ICUに入院したため、術後の化学療法の施行がが3ヶ月遅れた。
化学療法を始める前、腫瘍マーカーのCA125は術前の81から127に上昇した。
6サイクルのTJ療法を受けた後、レントゲンにて病巣の進行を認めたが、患者はそれ以上の化学療法を拒否し、その代わりに週2回の60gのビタミンCの点滴投与を選択した。
その後継続して週2回のビタミンCの点滴投与を受けている。


⑥両者とも化学療法中に、自制内の嘔気が見られたが、グレード3の毒性(副作用)は見られなかった。
症例1は初サイクルの化学療法中に手足のしびれと痛み、疲労感、呼吸速迫、下肢のむくみを認めたが、ビタミンC点滴投与中は見られなかった。
両者とも血液毒性も見られず、CSF(白血球を増やす薬)の必要はなく、腎・肝酵素の上昇も見られなかった。


⑦症例1は最初の6サイクルの化学療法の後、CA-125の正常化を認め、診断後3年半たってもCA125は正常範囲を保っている。
腹部と骨盤のCT検査では再発の証拠は認められていない。


⑧症例2は化学療法の後、CA-125は正常化した。
化学療法終了後、骨盤内にがん組織の残存と考えられる8cmの病変と後腹膜に転移と考えられる2cmの病変が認められたが、その後それ以上の病態の進展は認められず身体所見は正常で、診断から3年がたった後も、CA-125は正常範囲のままである。



カンザス大学では、このような良好な結果を得たため、現在臨床試験を行っているようです。


このように標準治療に栄養療法を併用した場合、予後の改善と副作用の軽減が見られるという報告が多く見られます。

 

卵巣がんの治療の大前提は、腫瘍をできるだけ取り除くこと、そして化学療法で残存したがん細胞を叩くことです。


この症例のようにOptimallyに腫瘍が切除できたのであれば予後は比較的良いのですが、問題は再発です。


目に見える腫瘍が切除できても、細胞レベルでは体内には大量にがん細胞が残存しているわけで、術後に化学療法を行うのが通常の治療です。


この場合問題となるのは副作用ですが、このケースのように栄養療法は化学療法の副作用を減弱すると言われています。


化学療法でがん細胞を叩き(Ⅲ・Ⅳ期の30~40%でCR(著効)を得られます)、栄養療法で再発を防ぐ、と言うのが卵巣がんにおいては望ましい治療かもしれません。


他の抗がん剤が効かないがんでは、化学療法を行うか否かは迷うところでしょう。


もちろん栄養療法そのものも、がんに対する治療効果が非常に期待できる分野です。


高濃度のビタミンC投与は、それ自体が選択的にがん細胞に毒性を発揮すると言われています。


卵巣以外のがんでも、栄養療法で末期がんの転移が消失したという報告もあり、効果が期待できる分野であることは間違いありません。




2007年05月15日


なんだかやたら忙しいです。


なので全然更新できなくってすみません(T0T)


しかも今日はなんと超久しぶりにオペに入っちゃいました(自分のとこではありません)。


と言っても術者ではなく第2助手でしたけど。


クーパー(医療用ハサミ)や持針器を術者の手にパシっと渡す瞬間が快感です。


産婦人科医って外科医だったよね!ということを思い出し、久しぶりに血が騒ぎました。


しかし本業以外でまで忙し杉なのは困るのです。


栄養療法で乗り切りたいと思います。。


2007年05月09日

前回の論文の取り急ぎ要約です。



【方法】2例の進行した上皮性卵巣がん患者


患者1 55歳 乳頭状漿液性腺がん、ステージⅢC
患者2 60歳 乳頭状漿液性腺がんおよび漿液粘液性腺がんの混合型、ステージⅢC


両患者とも、初回ののカルボプラチン/パクリタキセル化学療法(TJ療法)に先立って、最適な腫瘍減量手術を受けていた。
患者2は術後に呼吸不全など病的な状態であったため、化学療法の開始が3ヶ月遅れた。


患者1は化学療法の1ヶ月目の途中からメガドーズのビタミンC、ビタミンE、βカロテン、コエンザイムQ10を含む抗酸化物質の摂取を開始した。
経口の抗酸化剤の摂取に加え、患者1はパクリタキセルによる維持化学療法より先立って、化学療法の最後に週2回60gのビタミンCの中心静脈からの投与が開始された。


患者2は、化学療法開始前に、ビタミンC、βカロテン、ビタミンE、コエンザイムQ10を含む経口の抗酸化物質の摂取を開始した。
患者2は6周期のTJ療法を受けたが、X線検査で病変が認められたにも関わらず、その後の維持化学療法を拒否した。
その代わりに彼女は、週2回の経静脈的な60gのアスコルビン酸(ビタミンC)投与を選択した。


【結果】
患者1は初周期の化学療法の後、CA-125の正常化を認め、診断後3年半たっても正常範囲を保っている。
腹部と骨盤のCTスキャンで再発は認められていない。


患者2は初回の化学療法の後、CA-125の正常化を認めたが、骨盤にはがんの残存があったと考えられた。
しかし彼女はそれ以上の化学療法を辞退し、経静脈的なアスコルビン酸の投与を選択した。
診断から3年がたった後も、CA-125は正常のままであり、再発の兆候は認められていない。


【結論】

抗酸化物質を補助的に術後の標準的化学療法煮併用すると、化学療法の効果を高め、かつ安全性を高めると考えられる。

2007年05月05日

The Use of Antioxidants with First-Line Chemotherapy in Two Cases of Ovarian Cancer


(PDFファイルでダウンロードできます)




人間とがんとの”戦い”は、医学が進歩し続ける現在においても、依然として終焉する気配が見られません。

(この”戦う”というスタンスに問題があると常日頃思っておりますが、これについてはまた後日)。


しかし、ここ数年アメリカで話題となっているがんの補完医療に、ビタミンCの大量投与をはじめとした栄養療法があります。


分子栄養学に基づくがん治療は「Orthomolecular oncology」と呼ばれ、がん治療において今一番ホットな、最先端の医療と言ってもよいかもしれません。

(註:正確にはこのような治療は30年以上前から行われてきたのですが、医学界からは無視されていました。そして地道な臨床経験の積み重ねにより、その有効性を無視することができなくなってきたため、NIH(アメリカの厚労省)が認めたことにより、今ようやく注目を浴びるようになった、ということです)


点滴によるビタミンCの大量投与をはじめとする抗酸化物質の摂取(栄養所要量レベルではなくいわゆる”メガドーズ”と呼ばれる量)は、がんの標準治療の効果を高め、副作用を減らし、余命の延長、QOLの改善が認められるという報告が多数認められています。


これは2003年に発表された、カンザス大学による卵巣がんの症例報告です。

 

卵巣がんは初期に見つけることが難しいがんで、半分以上はⅢ期かⅣ期で発見されます。


パクリタキセル+シスプラチン療法の出現など、化学療法の進歩により、進行卵巣がんの5年生存率は20%から30%に上昇しましたが、依然として良いとはいえません。


2例のステージⅢCの進行した上皮性卵巣がん患者において、化学療法の補助療法として、点滴によるビタミンCの大量療法および経口での抗酸化物質の摂取を行い、非常に良好な結果を得ています。



詳しい内容についてはまた次回。


« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。