«  2011年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 低血糖症のおやつ① | メイン | AERA with Baby »

2007年10月28日

 

関節リウマチは難病と言われる病気の代表的なものですが、栄養療法が効果を奏する場合がとても多い病気でもあります。

 

今回は、関節リウマチと診断された40代前半の患者様の経過です。

 

 

主訴は、


・ 4ヶ月ほど前からのひざ・手首、指などの痛み
・ 手指の脹れ

 

であり、かかりつけ医より1種類の免疫調節薬を処方されていらっしゃいました。
(ステロイドも処方されましたが飲みたくないので飲んでいない、と言うことでした)

 

この他に、


・ 疲れやすい
・ 冷え性
・ 立ちくらみ
・ めまい
・ 耳鳴り
・ 集中できない
・ 夢を多く見る
・ 食が細い


などの様々な症状をお持ちでした。

 

血液データでは、いわゆる関節リウマチの検査項目である、


・ リウマチ因子
・ CRP
・ 血沈
・ MMP-3
・ 抗ガラクトース欠損IgG抗体


等の上昇を認め、明らかにリウマチと診断される結果でした。

 

栄養学的な所見としては


・ 貧血
・ タン白質不足(総蛋白濃度が低いとは限らず、むしろ血液濃縮のため高い場合が多い)
・ 低アルブミン・A/G(アルブミン/グロブリン)比の低下
・ ビタミンB群欠乏
・ 鉄欠乏
・ 亜鉛欠乏
・ 低コレステロール


などの問題が見られました。

 

リウマチに限らず、膠原病全般やその他の慢性炎症性疾患には共通した栄養失調のパターンがあるのですが、それほど程度は強くないものの、その典型的なパターンを示すものでした。

 

この患者様に、血液検査のデータに基づいて、タン白質・アミノ酸・ビタミンB・C・E・ヘム鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・コンドロイチン等の栄養素の補給(かなり多い量です)を3ヶ月行っていただきました。

 

そして先日、2回目の採血の結果のカウンセリングにいらっしゃったのですが、かなり自覚症状が改善したと報告してくださいました。

 

・ 痛みは初診時の痛みの程度が10だとすると、2から3くらいに軽減した
・ 疲れにくくなった
・ 立ちくらみ・めまい、耳鳴りなどがなくなった
・ 冷え性が改善してきた
・ むくみにくくなった
・ もろかった爪が丈夫になってきた
・ 傷の治りが速くなった

 

などなど、多くの症状において改善が見られました。

 

データ上も、


・ 炎症所見の改善
・ 貧血の改善
・ アルブミンの上昇
・ 貯蔵鉄の上昇
・ コレステロールの上昇


など、素晴らしく栄養状態が改善していらっしゃいました。

 

まだ薬を飲んでいらっしゃいますが、さらに症状が改善すれば必要なくなると思われます。

 

 

リウマチの原因は不明とされていますが、その背景には間違いなく栄養失調があります。

 

分子栄養学的な視点から見ると、もともと栄養失調が存在し、免疫力や自己治癒力の低下が起きているところに、なんらかの異常な免疫を誘発するような条件(細菌やウイルスの感染など)が重なることにより、自己免疫が誘発されると考えられます。
もちろん、遺伝的な素因やストレスなど、様々な要因が存在するでしょう。
しかし、このように栄養素の補給を行っていくことで、血液データの改善とともに、症状が改善していくのです。

 

また、痛みがよくなるだけでなく、他のいわゆる不定愁訴と呼ばれる自覚症状も、ついでによくなってしまうのが栄養療法の素晴らしい点です。
不定愁訴の多くは栄養失調の症状ですから、治そうと思わなくても一緒に治ってしまうわけです。


これはどんなご病気の方でも同じで、治したい病気の他にいろいろな症状までもがよくなっていったり、お肌もきれいになったり、ダイエット効果もあったりしてしまう(!)のです(ホントですよ) 。

 

私の経験では、リウマチの方は最初の3ヶ月で痛みの程度は平均すると10から5くらいに軽減する方が多いです。
とてもよく効く方は、この患者様のように2~3まで軽減する方もいます。
もちろんもっと時間がかかる方も多いですし、炎症の程度が強い方はなかなか改善しにくい場合もあります。

1回よくなっても体調によって波もあります。
この患者様は、まだ発症して日が浅く、栄養失調の程度がそれほど重症化してはいなかったので、改善の経過が早かったのだと考えられます。

 

もちろん完全によくなるまでにはもう少し時間がかかりますので、量を調節して栄養療法を継続していただくことになりました。

 

 

痛みに煩わされることなく、充実したHappyライフを送られることを願っております クローバー

 

 

 

« 低血糖症のおやつ① | メイン | AERA with Baby »

コメント

北島一男です。

メール、大変ありがたく読ませてもらいました。
矢崎先生の患者でもない、私のような者に、ここまで丁寧に親切に相談に乗っていただいて、本当に感謝しております。

祖母の苦しむ姿は見たくありませんし、病気で最後を迎えることだけはさせたくありません。何とかしてあげたいという気持ちが、心の平安を失っていたのかもしれません。
私は、医師ではありませんが、一人の命の明暗を握っていると思うと、「私のしたことで、もし苦しむような結果になったら」と治療法の選択に迷ってしまうのです。
まして、大好きな祖母ですので、その思いはとても強いです。

仏教でも、「執着」はよくないとありますが、その通りですよね。
先生に気付かせてもらいました。
結果に執着しないということが、祖母にとっては、一番心地よく療養できますよね。
はずかしながら、今まで、「結果に執着しない」ということと、「あきらめる」ということを同じものとして、どうしても執着を捨てることが出来ませんでした。
しかし、先生のお言葉で、執着を捨てるということと、あきらめるということは、全く別物であるということがわかりました。

「病院の治療でダメなら可能性はゼロ」というような場から、先生に出会えて本当に助かりました。
本当にありがとうございました。

失礼します。

北島様


ご丁寧なお返事ありがとうございます。
北島様とおばあさまが素晴らしい時間を過ごされることを願っております。
どうぞお大事になさってください。

失礼します。
矢崎先生のリウマチに対する解釈に大変共感・納得させていただきました。
私の妻(36)が2年ほど前、鬱的な摂食障害から栄養失調になり、体重が30kgまで落ち、総合病院の内科に1ヶ月入院しました。
栄養状態はそれはもうめちゃくちゃで、それを前後して、膠原病と診断されました。ただし、いつもお医者さんの診断(過去のデータ)と妻の病状が合致せず、検査等に時間がかかり、診断結果が一転二転するのですが、これは全て妻の異常な栄養状態が引き起こしているものだと思っていました。先生の解釈・治療法はまさにその思いを裏づけするものでした。
当方、大阪在住なのですが、関西方面で、先生のクリニックのような治療をうけられるところがあれば、教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

丹羽さま
こんばんは、コメントありがとうございます。
返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
奥様の病状、お察し申し上げます。
栄養状態が関与していることは疑いようがないと思います。
大阪でもこのような栄養療法をやっているところはあります。
(「栄養療法」「大阪」で検索すると出てくると思います)
しかし、リウマチをはじめ、病気の原因は栄養不足だけではありません。どんな病気でも、原因を可能な限り追究し、それを改善することが必要です。ですので、栄養を補うこと以外の治療も必要になってきます。
私のところは他の栄養療法のクリニックに比べて、かなり独自のやり方になっていると思います。ですので、まったく同じことをやっているクリニックは、日本全国探されてもおそらくないと思います(わかりませんけど…)。
ただ、遠方では大変でいらっしゃると思うので、お近くで病院を探されてまずやってみる、というのがよいと思います。
私のところでも最低採血にだけおいでいただければ、あとは電話などでフォローアップすることは可能です。
取り急ぎお返事まで。
どうぞお大事になさって下さい。

Ecnoomeis are in dire straits, but I can count on this!

私はあなたが本当に私の主題を理解する助けと言いたい ????????????????????: ???????

あなたは今までただあなたの記事より少しを追加する方法について考えてみましたか?私は、あなたが基本的な、すべてであると言い、何を意味します。あなたは"ポップ"は、よりあなたの投稿を与えるためにいくつかの偉大なグラフィックスやビデオを追加した場合、それにもかかわらず考える!コンテンツが優れていますが、画像やビデオクリップで、このブログは確かにその分野で最も有益のいずれかになります。素晴らしいブログ!

私はあなたが使用しているもののブログプラットフォームを見つけるために好奇心?私は私の最新のブログでいくつかの小さなセキュリティ問題を抱えていると私は、リスクフリーのものをもっと見つけたいです。あなたは、任意の勧告を持っていますか?

自動車の修理、手形、医療費、小規模な改造や休暇のための現金が必要ですか?で適用 erabk auto pawn hzklr タイトル融資のために。自動タイトルのローン申請は非常に真になります。より強化され、金融悪い時の自動タイトルローンは車の価値に適格である、私たちの支払い部門は小切手口座と全く同じ日に苦労して稼いだ現金を配線します!車のタイトル融資の可能性オンラインプロバイダーとして、アプリケーションが本当に非常に利便性をあなたの家またはオフィスから来ています。でない恥ずかしさを我慢しないように行がされません。あなたは、ほとんどの給料日の現金の進歩が過剰に300%の率を望む知っていますか?弊社からの自動タイトルのローンを利用した高、低金利を捨てる。

私はオフトピック場合は、これを知っているが、私は自分のブログを開始するに探していると、すべてのセットアップを取得するために必要とされるもの好奇心でしたか?私はあなたのようなブログを持つことはかなりの費用がかかるだろうと仮定している?私は100%確実ではないので、私は非常にウェブに精通したじゃない。任意のヒントやアドバイスをいただければ幸いです。感謝

この設計では、邪悪である!あなたは間違いなく、読者が面白がって維持する方法を知っています。あなたのウィットとあなたのビデオの間に、私はほとんど自分のブログ(まあ、ほぼ...ハハ!)優れたジョブを開始するために移動しました。私は本当にあなたが言っていた愛し、それ以上に、どのようにそれを発表した。かっこよすぎ!

このサイトにスパム問題を持っています、私もブロガーだ、と私はあなたの状況を知りたいされた。私たちの多くは、いくつかの良いプラクティスを作成して、我々は他の人々とテクニックを交換しようとしている、私にメールを撮影してください場合興味があります。

こんにちは!彼らはすべてのプラグインは検索エンジンの最適化を支援するために行う場合には、知っていますか?私はいくつかのターゲットを絞ったキーワードのランクに私のブログを取得しようとしているが、私は非常に良好な結果を見ていないよ。あなたはどんなお願いを共有するのがわかっている場合。ありがとう!

tnWqGP This is one awesome article. Really Great.

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。