«  2007年11月25日 - 2007年12月 1日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | メイン | 2007年12月 9日 - 2007年12月15日 »

2007年11月30日

 

だいぶ放置してしまいました。

気がついたらもう明日から12月ですよ!早いですねえ。。

 

 

さて、ここのところ続けていただいたお問い合わせがあったので、それについて書いてみたいと思います。

 

そのお問い合わせの内容とは、ビタミンAについてです。

 

 

ビタミンやミネラルなどの栄養素に関して、世間ではかなり誤解されている部分があります。

 

よくあるのが、

 

・ビタミンBやビタミンCなどの水溶性ビタミンは多くとっても尿に流れてしまうので意味がない

・ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンは多く摂ると過剰症になるので危険である

 

などです。

 

これらは、なかば「常識」として語られていますが、日進月歩の研究が解明しつつある、体内での栄養素の動態、代謝、効能などの、様々な知見を反映してはいません。

 

要するに「古い」のです。

 

 

人類がビタミンを発見してからまだそれほど歴史は経過していません。

鈴木梅太郎博士が初めてビタミンB1を発見したのが1910年です。

それからまだ100年も経っていないのです。

 

分子生物学の技術が進んで、分子レベルでの栄養素の働きが急速に解明されつつあるのはさらにまた最近のことですから、時代がついていけていないのも致し方ないことなのかもしれません。

 

ビタミンCの大量点滴療法がガンに効果があると認められてきたのもごく最近の話です。

 

しかし悲しいかな、数十年も前のまだビタミンのことなどよくわかっていない時代の常識が、この現代でもいまだにまかり通っているのです。

 

その中でも特に誤解が多いのが、ビタミンAだと思います。

 

 

可哀想にビタミンAは、数あるビタミンの中でもかなりの「曲者」のように思われているようです。

 

具体的には「過剰症」の問題、そして妊婦がビタミンAを大量に摂取した場合の「胎児奇形」の発生の問題です。

 

栄養療法を行う際に、ビタミンAを処方に入れると、多くの方がこれらの点について心配をされます。

 

このあたりはもちろん議論のあるところであり、完全に答えが出ているわけではありません。

 

しかし、傍から見ていると、ビタミンAはどうもいわれのない濡れ衣を着せられているようなのです。

 

 

果たして本当にビタミンAは、巷で恐れられているほどに危険な輩なのでしょうか?

 

 

これを検証し、ビタミンAに対する世間の誤解を解くために、最近のビタミンAに関する知見について、シリーズで書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

この映画まだ観てないのですが、パクってすみません。今度観ます。 。

 

 

soredemobokuhayattenai.jpg

 

 

 

« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | メイン | 2007年12月 9日 - 2007年12月15日 »

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。