«  2011年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ハイジーア通信 クリニックハイジーア

« 本が出ます | メイン | 移転をいたします »

2008年09月12日

 

ご無沙汰しております。

 

あっという間に9月ですね!(いつもこんなこと書いているような気が(^ ^;;)

 

更新が滞っており、その間に新しい知識が入ったり、興味の対象がどんどんアップデートされているので、話題がコロコロ変わっていますがお許しを。

 

 

今日はビタミンDについてです。

 

ビタミンDは、今とてもホットな栄養素のひとつです。

 

ビタミンDは、昔からカルシウムの代謝をつかさどり、骨の代謝に大切なビタミンであると理解されてきました。

 

しかしそればかりでなく、生体機能に非常に重要であり、多様な働きを持っていることがここ10年ほどの研究で明らかになってきました。

 

 

ビタミンDには、「ビタミン」の名前がついていはいますが、実際にはホルモンのような働きをしていることがわかっています。

 

そしてこの欠乏が、文明国においては非常に多くの人に起きており、いわば「文明病 disease of civilization 」であると表現されています。

 

先進国ではビタミンD欠乏は感染症のごとく「蔓延」している、とまで言われるほどです。    

 

     

ビタミンDの作用について最近の研究により明らかになったことは、

 

・ 200種類以上の遺伝子において遺伝子転写の調節を行う

・ 神経機能において神経伝達物質として働く

・ 免疫系に作用し、抗炎症作用を及ぼす

・ 天然抗生物質としての効果を持つ

 

などです。

 

ビタミンD欠乏が関連する病気には以下のものがあげられます。

 

・易感染性

・心血管系疾患

・高血圧

・糖尿病

・骨粗鬆症

・多発性硬化症

・うつ病

・精神疾患

・てんかん

・偏頭痛

・脳卒中

・多嚢胞性卵巣症候群

・筋骨格系疼痛

・自己免疫疾患

・炎症性疾患

・炎症性腸疾患

・がん

・線維筋痛症

・自閉症

・新生児の先天異常

・歯周病

・黄斑変性症

・悪性黒色腫

・インフルエンザ

・尋常性乾癬

・痛風

・耳硬化症

・間質性膀胱炎

・呼吸機能低下

・血栓症

・慢性腎不全

・ヘモクロマトーシス

・胃腸疾患 

 

 

などです。

 

 

続きます。

 

 

 

もちろん低血糖症にも関係していると思われますよ!

 

こちらもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

 

« 本が出ます | メイン | 移転をいたします »

コメント

矢崎先生こんにちは(*^-^*)/ 毎度コメントしてすいません。
御本読みました。今は私の手を離れてママ友の間で回ってます。
(買ってもらった方がいいのに、スイマセン。。。)
みんな何かしら思い当たる事があるみたいで、すごい評判です☆
私もみんなに元気になって欲しいから嬉しいです♪
でも、甘い物止めるの、悲しい。と思う事もありますが^^;
それは置いといて、ビタミンD!!欠乏したら症状多すぎ!(汗)
ビタミンDもカルシウムも摂れるから牛乳飲むように、って
言われて飲んできましたが、それで足りてるのかな??
つづき楽しみにしてますね☆  では(^o^)/^

祖父が腸閉塞(手術による癒着)で除去手術を行いました。
ビタミンのサプリメントを摂らせたいのですが、消化を考えて錠剤ではなく、カプセルにしようと思います。
が、カプセルのものを摂らせても大丈夫なのでしょうか?
オブラートなんかは胃では溶けないと聞いたことがありますし、どうなのでしょうか?

お願いします。


失礼します。

高村様
いつもコメントありがとうございます。
しばらくネット環境が悪かったもので、返事が遅れてすみませんm(_ _)m
回し読みでも何でも、読んでいただいてなんらかの発見をしていただければとても嬉しいです。
甘いものやめるの悲しいですか?
私も昔は浴びるように食べていましたが、今はまったく食べたくなくなりましたねえ~。
ビタミンD欠乏は怖いですよ~!
適度に日光浴はしたほうがよいですね!
ではでは!

北島様
こんにちは!お久しぶりです。
胃での消化しやすさから言えば、カプセルより錠剤タイプがいいです。
しかしカプセルから出して何かに混ぜるかすればそれでもよいと思います。
もしくは液体のサプリメントであれば間違いなく消化はいいですね。取り急ぎお返事まで。

ありがとうございました。
祖母に続き祖父も病・・・。
80歳ですし、そういう時期といえば時期なのかもしれません。
ただ、本当に勉強になります。
脳梗塞の後遺症もあり、正直大変な事もありますが、この経験を通して、私の心が洗われていくような気がします。
感謝、感謝です。

先生、もうひとつあります。
祖母との別れで落ち込んでいた心は、完全に受け入れることが出来ました。
家族と思い出話をして、笑えるぐらいになりましたのでもう“バッチリ”です。
色々とお世話になりました。

※癌患者の話を聞く機会がありますが、皆抗癌剤など三大療法の副作 用に苦しみ、それに変わる療法を捜し求めています。
 これからは、出来るだけ自然に近い治療法に変えていく時代なのか もしれません。
 先生の行っておられる患者の立場に立った、身体に優しい治療が、 保険適用され、万人に受けられることが出来るようになってほしい です。


 失礼します。

先生の本を読みました。とてもわかりやすかったです。
私は、ずっと頭痛、めまい、失神しそうな感覚、体温の急低下急上昇などに悩まされており、インターネットで調べ低血糖症ではないかと思っていました。
先生の本の症例になっている方の血液データとあまりにも似ていて自分も何とかしなければ・・。と思いました。(総コレステロール122、LDLコレステロール64、AST16、ALT11、血清鉄14、フェリチン4.3)
食事と体の症状の関係は、毎日、自分の体で実験をしているようなものです。うまくいくばかりではありません。
以前は甘いパンを少し食べていました。この場合は症状が出たり出なかったりしました。
先日某コンビニの米粉蒸しパンを食べたところ、仕事途中に手が震え立っていられなくなりました。
それもあり、なるべく食事に気をつけようと思い、おにぎり(白米)にしてみました。これもあまり調子よくなかったです。
それで、玄米にしてみましたが、やはり頭痛、眠気などの症状がでます。
(精白のものでも胚芽などでも)食パンではあまり症状が出ない気がします。甘いパン少し食べるというも悪くない気がします。
また、食後に甘いものを食べないと、満腹感がない気がします。
それで、今後どうしたらよいかと思っています。
体調が悪くなっても玄米にするか、あまり体調の悪くならないパンにするか・・・ちょっと迷ってしまいます。
よければブログでアドバイス等頂けれたらと思います。

先生、またまた質問で申し訳ございません。
祖父は脳梗塞をしており、プラビックスという薬を飲んでいます。
ワーファリンと違って、ビタミンKとの相互作用はないみたいですが、大量のビタミンEと併用すると出血傾向になると聞きました。
祖父が飲んでいるビタミンには、一日量で150IUあります。
1日3回に分けて飲んでいるのですが、これでは問題でしょうか?
本当に何度も申し訳ございません。

よろしくお願いします。


失礼します。

miiさま

こんにちは。コメントと本のご購入ありがとうございます。
多忙であったため返事が遅れまして申し訳ありません。
お書きいただいた血液データを拝見しますとかなり深刻な栄養失調ですね。これで体調が良かったらその方がおかしい、というくらいですね。
違ったら申し訳ありませんが、ベジタリアンではいらっしゃいませんか?
よほどの偏食か、よほどの消化吸収不良か、ベジタリアンでないと、なかなかこうはならないと思われます。
食事の選択肢が炭水化物しかないように見受けられますが、タン白質はちゃんと食べていらっしゃるのでしょうか?
植物性タン白質だけでは十分なタン白質をとるのが難しいのと、ベジタリアンでは鉄や亜鉛、ビタミンB12などが絶対的に不足します。
それほど具合が悪いには原因が必ずあります。原因を的確に治さなければ、当たり前ですが、治りません。
また、極度の栄養失調になってしまった場合、食事だけで治すのは難しいです(もし食事だけですむのなら栄養療法は存在しません)。
栄養療法をおやりになりながら、食事も改善されることをおすすめします。
取り急ぎお返事まで。どうぞお大事になさってください。

北島様

返事が遅くてすみません。いまさら…、って感じですよね(;^_^A
私の感覚ではビタミンE150IUはちっとも大量ではありません。
ただしどんな製品か私は存じませんので、あくまで自己責任でおとりください。
取り急ぎお返事まで。

お返事ありがとうございます。
先生のお返事を読んで私の食事を、考えてみるきっかけになりました。もともとお肉が嫌いで、お魚もあまり好きではないのですが、一人暮らしを始めて、調理するのが嫌いなのとお野菜を買っても腐らせてしまったりすることが多くもったいないと思い買わなくなっていましたし、職場でパンやお菓子を食べてすませてしまったりするので、ほとんど炭水化物ばかり食べていると思いました。とくに最近はドーナツのような甘い油っぽいものばかり欲しくなって食べてしまいます。だいぶ太ってしまってそれも気になります。
病院にも行きましたが、特に異常ないし、仕事もできているので今のままでよいといわれます。先生のところの栄養療法を受けてみたいと思いましたが、遠いので無理です。
私にも食べられそうなたんぱく質のものを探してみます。また、先生のブログなどで勉強して少しずつ改善できるようにいきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

miiさま
こんにちは。
タン白質があまりお好きでないのはアレルギーが関係している可能性がありますね。
検査をなさるのが難しいようでしたら(IgG抗体によるアレルギー検査は現在のところ日本では行われていません)、自分でいろいろ食べてみて、体調が良いと感じられるものを選んでいくことですね。
大変ですが頑張ってくださいね。

私はあなたが本当に私の主題を理解する助けと言いたい ????D??????: ???????

????D??????: ??????? 私が探していたものです。情報をありがとうございました。

私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 ????D??????: ??????? . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

自動車の修理、手形、医療費、改修や休暇のための現金が必要ですか?で適用 hgcse car title loans nsllb 任意のタイトルのローン。タイトル融資アプリケーションが容易になります。タイトルのローンがあなたの車の価値については適格であるとしてはるかに優れた、私たちの支払い部門は、これも一日あなたの銀行当座預金口座に苦労して稼いだ現金を配線することを決定しました!車のタイトル融資のオンラインプロバイダの場合、アプリケーションは、利便性あなた自身の家またはオフィス内で非常に真になります。欠けている行は、でない恥ずかしさを我慢しないし。あなたが知ってほとんどのオンライン給料日ローンは300 %の割合と長いしたいですか?弊社からの自動タイトルのローンを所有している興味のある屋根の割合を介してに別れを告げる。

Produced by
本サイトは、(株)グリーンツリーによって構築されております。グリーンツリーはビジネスブログ成功の鉄則SEOブログ成功の鉄則イントラブログ成功の鉄則社内ブログ成功の鉄則といったサイトを運営中です。

WOSAAM Board Certified physician

∥∥書籍のご案内∥∥



原因不明の体調不良、月経前症候群、うつ症状、パニック障害、過食症、肥満…、あなたのその症状は、低血糖症が原因かもしれません!


∥皆様へ∥

Optimal Health オプティマル・ヘルスとは、「最高の健康状態」を意味する言葉です。
「病気ではない」という消極的な意味での健康ではなく、エネルギーに満ちた快適な状態でいられること。
その人らしい人生を思う存分過ごすこと。
すべての患者様にOptimal Healthを得ていただくことが、私達の願いです。


未来の医者は薬を使わず、食事を重視し、病気の本来の原因を探し、予防するという、人間の基本を大切にして治療をするであろう。
トーマス・エジソン
(1847-1931)

10007588802_s.jpg
クリニック ハイジーア


∥∥お知らせ∥∥

現在新しいコメントは公開しておらず、コメントに対してのお返事もさせていただいておりません。大変恐れ入りますがご了承ください。

∥∥雑誌掲載情報∥∥



「冷えに効く漢方薬」のページでお話をさせていただいています。



妊娠中の栄養素の話の転載をしていただきました。



こちらも低血糖症の記事を転載していただきました。