HOME > 代謝を上げて若返るダイエットを実現する「分子整合栄養医学」のメカニズム

代謝を上げて若返るダイエットを実現する「分子整合栄養医学」のメカニズム

イギリスの物理学者クリックとアメリカの生物学者ワトソンによって、「遺伝子の実体」が明らかにされたのが1953年、そして学問として成立したのが、1958年でした。
それまでは、「生命を支配するには、特別な法則があるのではないか?」とされていましたが、物理学の法則でその生命の一切が説明されたことは、20世紀最大の科学上の成果と評されます。
2003年には、ヒトゲノム(ゲノムとは、生物種の遺伝子全体を指す。)の配列が確定され、たん白質などの生体分子や代謝のネットワークのメカニズムなどの新たな遺伝子像の研究も進められています。
その物理学を起源とした遺伝子生物学を、病気の治療や健康維持、そして老化予防(アンチエイジング)を目的に応用したのが「分子整合栄養医学」です。

遺伝子生物学がこのように進んだことで、理論上は、人間は寿命までは、ほとんど老化(=代謝を下げずに)をしないで、若さや美しさを維持し、病気をしないでいることが可能になったのです。

では、「代謝の低下=老化」とはいったい何でしょうか?

かなり省略して簡単に説明をすると、
【1】 細胞の酸化(= 遺伝子を、傷つける)
【2】 細胞の数の減少(= 遺伝子が、細胞分裂できない)
【3】 細胞の機能の低下(= 遺伝子の命令通り、細胞が機能できない)

となります。
しみ、しわ、たるみのない美しい肌では、【1】と【2】、ダイエットでは【2】と【3】が関係します。

代謝を上げて若返るダイエットを実現した「分子整合栄養医学」のメカニズム一般的にダイエットといえば、カロリーばかりを制限している方がほとんどではないでしょうか?

30歳過ぎて自己流の食べない「カロリー制限」ダイエットをすると、しわやたるみ、そして顔がくすんだり、頬がこけて「やつれた印象」になるのは、【2】の細胞の数が減少するためです。

また、最初のダイエットは、比較的誰でもうまくいきますが、何度もダイエットを繰り返すと痩せなくなるのは、筋肉が落ちて体重が減り、リバウンドして筋肉量は減ったままで脂肪だけが増える一方になるのも、【2】の細胞の数の減少が原因です。

食べないダイエットで、必要なビタミン(とくに代謝ビタミンといわれる、B群)が不足すると、細胞内のミトコンドリアがカロリーを消費できないために【3】の細胞の機能が低下=代謝が低下します。

特に40歳以降では、細胞内のミトコンドリアの数も激減しますから、細胞の機能低下による中年太りを起こさないためには、必要なビタミンをしっかり補っていないと細胞の機能は若い時と同じレベルを維持できないことが分かっています。

ダイエットの反動で、食べても食べてもお腹がいっぱいにならない場合も、神経伝達物質の材料であるビタミンB群などが不足し、満腹中枢(自律神経)が正常に機能しないため起こります。

* 食べても満腹にならないと言う症状は、低血糖症(メタボリックシンドロームなどの血糖調節異常)を引き起こしている場合にも起こります。「プチッと火がついたように、食べることが止まらない。」といった症状は、低血糖症の可能性があります。

しみ・しわ・たるみのない全身が美しい肌を維持し、若い時のように食べても太らない代謝の良いカラダは、いくつになっても内側から、安全に(副作用がなく)実現できます。

その条件は、

【1】 細胞が酸化していないこと
【2】 細胞の数を、20代と同数(60兆個)に増やすこと

* 細胞の数は、赤ちゃんは40兆個、成人して60兆個、そして老化すると40兆個に減ります。

【3】 細胞の機能を、20代と同じレベルに引き上げること

クリニック・ハイジーアのダイエット外来では、60項目以上に及ぶ詳細な生化学的検査を実施し、カラダの内側 を徹底的に調べ、診断し、遺伝子生物学にもとづいた細胞レベルの統合ダイエット医療を行っています。


メディア掲載

  • ミセス
    2014年4月7日発行
  • 日刊ヘルス
    日刊ヘルス
    2011年1月号
  • VOCE
    VOCE
    2010年12月号
  • AERA
    AERA
    2010年4月30日発行
  • anan
    anan
    2010年1月20日号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年10月15日発行
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年9月1日発行
  • 美的
    美的
    2009年5月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2009年4月号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年1月25発行
  • すこやか健保
    すこやか健保
    2008年12月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2008年2月号
  • Baby
    婦人公論
    2007年11月10日増刊号
  • 婦人公論
    Baby
    2007年6月22日号
  • Body
    Body
    2006年11月号
  • OZマガジン
    OZマガジン
    2006年1月23日号
  • Urb
    Urb
    2003年11月号増刊
  • 婦人公論
    婦人公論
    2003年10月7日号