HOME > 骨粗しょう症の改善例

骨粗しょう症の改善例

骨粗しょう症成功例 1

主訴

M.0.様 (79歳・女性)

背骨の湾曲と痛み

現病歴

10年前に都内大学病院にて骨粗鬆症と診断される。
胸椎・腰椎の圧迫骨折を認める。
身長145cm 体重37kg

血液検査データ

貧血・A/G↓(アルブミン低下)
ビタミンB群欠乏・潜在性鉄欠乏
亜鉛欠乏

治療

2005年3月より、総合的な栄養療法を約1年施行

ドクターコメント

ドクターコメント% Young Ref.は、80%以上が正常、80~70%が骨量減少、70%以下が骨粗鬆症。この患者様の2005年7月の骨密度は60.3%であり骨粗鬆症であったが、栄養療法により75.5%に上昇している。また、2005年7月では年齢平均より12.4%骨密度が低かったが、治療後は年齢平均を10.0%上回っている。 L(腰椎)2-4の骨密度の平均は25.2%上昇している。
*通常の薬物療法では、骨密度の改善率は5%程度です。

経過

骨密度の推移(DEXA法:かかりつけの大学病院による)

 2005.7.282006.1.25改善率
% Young Ref60.375.5↑15.2%↑
T-Score-2.91-1.79↑1.12ポイント↑
% Age Matched87.6110.0↑22.4%↑
Z-Score-0.510.41↑1.12ポイント↑
BMD(L2) (g/cm2)0.5540.706↑27.4%↑
BMD(L3) (g/cm2)0.7150.943↑31.9%↑
BMD(L4) (g/cm2)0.6150.697↑13.3%↑
BMD(L2-4) (g/cm2)0.6270.785↑25.2%↑
BMD(bone mineral density):骨密度(骨の強さ)
% Young Ref.:若年成人平均値(骨が最も強いとされる)の骨密度に対する割合
% Age Matched: 年齢別平均の骨密度に対する割合
T-score:若年成人平均値に対する標準偏差値
Z-score:年齢別平均の骨密度に対する標準偏差値


メディア掲載

  • ミセス
    2014年4月7日発行
  • 日刊ヘルス
    日刊ヘルス
    2011年1月号
  • VOCE
    VOCE
    2010年12月号
  • AERA
    AERA
    2010年4月30日発行
  • anan
    anan
    2010年1月20日号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年10月15日発行
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年9月1日発行
  • 美的
    美的
    2009年5月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2009年4月号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年1月25発行
  • すこやか健保
    すこやか健保
    2008年12月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2008年2月号
  • Baby
    婦人公論
    2007年11月10日増刊号
  • 婦人公論
    Baby
    2007年6月22日号
  • Body
    Body
    2006年11月号
  • OZマガジン
    OZマガジン
    2006年1月23日号
  • Urb
    Urb
    2003年11月号増刊
  • 婦人公論
    婦人公論
    2003年10月7日号