HOME > ご挨拶

ご挨拶

この度はクリニック・ハイジーアのホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

クリニック・ハイジーアは、普通のクリニックとは少しちがいます。
一般的に、クリニックや病院では、病気の治療をするのに薬をつかいますが、当院ではまったくといっていいほど、薬をつかいません。

というのも、クリニック・ハイジーアは「分子整合栄養医学」、「免疫療法」「キレーション療法」「ナチュラルホルモン補充療法」などの治療法に、場合により現代西洋医学を組み合わせた「統合医療」をおこなっている、ちょっと変わったクリニックなのです。

そんなクリニック・ハイジーアには、病気の原因がわからずに不安を感じていらっしゃる患者さま、または向精神薬やステロイド剤などの薬をつかわずに病気を根本的に治療したい患者さまなどがいらっしゃいます。

現代西洋医学は、その治療法の多くが薬や手術などによる「対症療法」であり、「症状をとる」ことを目的とした治療です。

現代西洋医学で原因が解明され、その治療方法が確立されている疾患はいまだに2割程度にすぎません。
残りの8割は、今もなおその原因がわかっていないとされています。
そのため、現代西洋医学の投薬治療は、症状を抑えたりコントロールをすることはできますが、病気を根本原因から治療しているわけではありません。

しかし、原因なくして病気は起こりません。

さまざまな病態の原因を追究していくと、
「栄養欠損」
「炎症(腸内細菌叢の攪乱→免疫の不均衡→全身の炎症)」
「有害物質の蓄積(化学物質や環境ホルモンなどの環境汚染物質、水銀・鉛・カドミウムなどの有害ミネラルなど)」
「酸化」
「糖化」
などが複合的に絡み合い、生体恒常性(ホメオスターシス)が乱れることで体の機能に問題が見つかります。

この機能性疾患を根本から改善し、本来の元気(健康)をとりもどすためには、まずその原因を可能な限り解明し、原因に即した治療をすることが必要です。

幸せの基本は、健康です。

人間には寿命がありますが、寿命までは、病気知らず、介護いらずで、健康で元気でいられるように、毎日診療を行っております。

クリニック・ハイジーア


メディア掲載

  • ミセス
    2014年4月7日発行
  • 日刊ヘルス
    日刊ヘルス
    2011年1月号
  • VOCE
    VOCE
    2010年12月号
  • AERA
    AERA
    2010年4月30日発行
  • anan
    anan
    2010年1月20日号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年10月15日発行
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年9月1日発行
  • 美的
    美的
    2009年5月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2009年4月号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年1月25発行
  • すこやか健保
    すこやか健保
    2008年12月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2008年2月号
  • Baby
    婦人公論
    2007年11月10日増刊号
  • 婦人公論
    Baby
    2007年6月22日号
  • Body
    Body
    2006年11月号
  • OZマガジン
    OZマガジン
    2006年1月23日号
  • Urb
    Urb
    2003年11月号増刊
  • 婦人公論
    婦人公論
    2003年10月7日号