HOME > 不妊症でお悩みの患者様へ

不妊症でお悩みの患者様へ

・体外受精で採卵しても、質の良い卵子が採れない。
・高齢(35歳~)なので、妊娠に向けて身体作りをしたい。
・卵巣機能を上げ、質の良い元気な卵子を育てたい。
・不妊検査を受けても特に原因がなく、「加齢」と診断された。
・体外受精を、できる限り少ない回数で成功させたい。
・健康でIQ(知能)やEQ(情緒)の高い、元気な赤ちゃんのため、積極的な体質改善をしたい。
・排卵誘発剤などを使わずに、自然な方法で妊娠したい。
・妊娠中毒症など妊娠中のトラブルや、流産の予防をしたい。
・(男性不妊)精子の数や運動率の低下、精子の奇形が多い。


不妊治療と云えば、まずは月経周期に合わせてタイミング法に始まり→人工授精→体外受精へとステップアップしていくのは、みなさんご存知ですね。
最近では女性の社会進出による女性の晩婚化で、35歳以上で妊娠を希望する女性が多く、ステップアップを省いて体外受精など高度生殖医療を早々にはじめるケースも少なくありません。

体外受精とは、その言葉のとおり、体の外で卵子と精子を物理的に近づけ受精を助け、人工的な環境下で2~5日間成長した「胚(=受精卵)」を子宮に戻して、妊娠を期待する治療法です。
ですから卵管が機能していない(卵管閉塞など)、また精子に異常があるなど、「受精」が自然では難しい場合では、体外受精による治療が不可欠なのは言うまでもありません。
しかし妊娠に至るには排卵→受精→分割→着床といった4つのステップの全てが不可欠であり、体外受精はその「受精」の部分のみを手助けする治療です。
たとえ体外受精をおこなっても、そもそも卵子と精子に生命力がなければ、受精卵の成長は止まり妊娠には至りません。
体外受精が、卵子の質の改善や受精卵の成長そのものを助けてくれる治療ではないのです。
まるで体外受精さえすれば老化卵子が若返り、卵巣機能が改善し、どんなに高齢でも妊娠できるといったイメージがあるようですが、それは大きな誤解です。

不妊症でお悩みの患者様へ こらから体外受精にステップアップを検討している方。
体外受精をおこなってもなかなか妊娠まで至らない方。
時間が許す限り、自然に妊娠を希望される方。

どのような方法を選択するにしても、妊娠に至るには、卵子と精子の質を上げる治療=妊娠に適した体内環境を整備することがもっとも大切だとクリニック・ハイジーアでは考えています。

妊娠を希望する女性の年齢が高くなれば高くなるほど、まずは妊娠しやすい体内環境へ、そして胎児が健やかに育ちやすい胎内環境へと、妊娠前の体の土台作りがもっとも大切です。

イギリスの環境疫学専門のデビッド・バーカー博士は、妊娠中の母体の栄養状態が産まれてくる赤ちゃんの将来の健康状態や寿命までも左右すると報告しました。
最近の遺伝子研究では、妊娠直前から初期の母体の栄養状態が胎児の将来を決定するとも指摘され、エピジェネティクス理論が非常に注目されています。
たとえば母体の栄養状態が悪いと、腎臓のネフロンの数が最大で3分の一と小さかったり、すい臓内のβ細胞の数が少なく糖尿病に罹患しやすい、また癌や心疾患など成人病にもなりやすいなど胎児の将来に大きく悪影響をきたすことが分かっています。
また母体の栄養状態が悪いと卵子の減りも早く、閉経が早くなってしまいます。
詳しくは、こちら

アメリカの婦人科医チェラスキンらは、妊娠中の栄養状態(=母体の健康状態)が、赤ちゃんの知能発達(IQ)や情緒(EQ)を左右すると報告しています。
詳しくは、こちら

クリニック・ハイジーアの不妊治療は、体内環境を整えることで妊娠体質へと導き、卵巣機能を向上させ、老化卵子や精子の質を積極的に改善する「機能性不妊」の治療を専門におこなっています。 タイミング法、人工授精、体外受精などの不妊治療は、おこなっていません。

排卵誘発剤の影響で、卵巣機能が低下=FSHが上昇して不妊治療ができない。
高齢でも妊娠しやすい体つくりをしたい。
採卵しても、質の良い卵子が採れない。 受精させても分割が止まり、胚盤胞までいかない。
胚を戻しても、着床しない。
着床しても、流産を繰り返す。

クリニック・ハイジーアでは、60項目以上に及ぶ詳細な生化学検査を実施し栄養学的な解析をおこない、不妊の機能の原因を究明します。
年齢に応じて有機酸検査(ミトコンドリアが十分に機能しているか、メチレーションが低下していないか等を調べる尿検査)や有害ミネラルや化学物質の蓄積検査(有害物質はミトコンドリアでのエネルギー産生を妨げ生殖機能を低下させる)、活性酸素ダメージ検査(体内の酸化≒老化)、場合によっては遺伝子検査などを実施して、卵子や精子の質を低下させる原因や母体の老化を早める原因を究明します。
そして患者さまひとりひとりの妊娠を妨げる要因を取り除き、栄養療法を中心とした副作用の心配のない安全な治療でより積極的に妊娠体質へと導きます。

• 妊娠を妨げる機能性不妊のさまざまな原因
• 女性不妊の典型は、たん白欠乏と鉄欠乏
• 母体の栄養欠乏と、胎児の先天奇形・発育不良との関係
• ビタミンB群と赤ちゃんの、知能発達(IQ)・情緒(EQ)との関係
• クリニック・ハイジーアの不妊治療の3つの特徴
• 治療費用
• 診療の流れ
• 医師の紹介

 

メディア掲載

  • ミセス
    2014年4月7日発行
  • 日刊ヘルス
    日刊ヘルス
    2011年1月号
  • VOCE
    VOCE
    2010年12月号
  • AERA
    AERA
    2010年4月30日発行
  • anan
    anan
    2010年1月20日号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年10月15日発行
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年9月1日発行
  • 美的
    美的
    2009年5月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2009年4月号
  • クロワッサン
    クロワッサン
    2009年1月25発行
  • すこやか健保
    すこやか健保
    2008年12月号
  • 日経ヘルス
    日経ヘルス
    2008年2月号
  • Baby
    婦人公論
    2007年11月10日増刊号
  • 婦人公論
    Baby
    2007年6月22日号
  • Body
    Body
    2006年11月号
  • OZマガジン
    OZマガジン
    2006年1月23日号
  • Urb
    Urb
    2003年11月号増刊
  • 婦人公論
    婦人公論
    2003年10月7日号